日本インストラクター協会

Menu

やらなければならないこととやっておくべきことの違い

収納 受験申込み
皆さんは忙しい日々を「やらなければならないこと」に追われていませんか?
人間として生活を充実させるための主体的な「やっておくべきこと」に費やしている時間はどの程度ありますか?
もしくは、「やっておくべきこと」にばかり時間を費やしてしまい、「やらなければならないこと」ができていないという人もいるかもしれません。ここでは「やらなければならないこと」と「やっておくべきこと」のバランスのとり方を考えて、より充実した日々を過ごせるようなきっかけを知っていただければと思います。
「やらなければならないこと」には2種類ある
「やらなければならないこと」は大変重要なことと、たいして重要ではないけれどその時やらなければならないことの2種類存在します。大変重要なこととは、仕事で締め切りのあることや、病気になった時に病院へ行くことや、自分にとって大切な人との約束などあらゆる角度から見て、「やらなければならない」と判断されることです。たいして重要ではないこととは、突然の来客の対応や、やらなくても迷惑はかからないがやっておくべきだと判断することなどです。どちらも「やらなければならないこと」ですが、前者は自分の時間の使い方次第で減らすことが可能ですが、後者はふいにやってくることなので、自分の力ではどうしようもない部分もあります。
「やらなければならないこと」は減らすことができる!

ここでは「やらなければならないこと」の定義として、先ほど前述した前者の大変重要な「すぐに動かなければならないこと」であるとしましょう。

なぜ「すぐに」動かなければならないか、それは「時間が迫っているから」ですよね。

そして時間が迫っているのは、「それまでに片付けられていないから」ですよね。

では、どうしたら良いのでしょうか。 そうです。それまでに片付ければ良いのです。

当たり前のように聞こえるかもしれませんし、「それができないから困ってるんじゃん」と思う人もいるでしょう。

しかし、人間が使っている時間は「必要な時間」と「必要でない時間」で構成されているわけですから、「必要でない時間」を減らせば「必要な時間」を増やすことができるのです。その時間にどんどんと動けば、時間が迫って急いですぐに動かなければならないこと、つまり「やらなければならないこと」を減らすことは可能なのです。

「やっておくべきこと」を増やそう!

次に「やっておくべきこと」の定義として、「人生を豊かにするために動くべきこと」であるとしましょう。

これは、自分の心身共の健康管理のために費やす時間であったり、人間関係を育む時間であったり、仕事において考えると、いかに効率よくこなすことができるかと考える計画を立てたり段取りを組んだり準備をしたりする時間であると言えます。

ここが充実すれば、人生が豊かになることは言うまでもありません。

これは前述したように、人生の中で「必要のない時間」を減らすことによって、「必要な時間」を充実させるということです。

「必要な時間」は「やらなければならないこと」と「やっておくべきこと」がありますから、その時間配分を考えるのです。

分かりやすく言うと、テレビを見る時間を減らして、その分仕事の段取りを組む時間に費やせば、時間に迫られることなく仕事をこなすことができます。つまり、「必要のない時間」を減らすことによって、「やっておくべきこと」を充実させ、「やらなければならないこと」をストレスと共に減らすことができるのです。

しかし、ここには落とし穴があります。人生を豊かにしようとするばっかりに、「やっておくべきこと」を充実させすぎて結局「やらなければならないこと」に追われてしまうという例です。

本当に重要なことの見分けがつかなければこの落とし穴にはまり、自分では「やることに追われて忙しくても充実している」と思い込んでいても、思ったように結果が出なかったり、周囲からは「自己陶酔型の人間だ」「要領が悪い人だ」と思われているかもしれません。

例えば、生徒のことをとても思いやり、心に寄り添った話をしてくれる先生がいたとしましょう。しかし、本来の指導をそっちのけで心に寄り添った話ばかりしていては、本末転倒です。必要なことは教えてもらわなければなりません。そんな先生を「良い先生」だと勘違いしてはいけません。本来の指導が的確でさらに人生を深くしてくれる先生が本当の意味で「良い先生」なのです。

大切なのは「やらなければならないこと」と「やるべきこと」の領域をしっかり見極め、「やるべきこと」を充実させることによって、本当に「やらなければならないこと」を手早く片付けることなのです。

いかがでしたか?

人生はみんな平等に1日24時間です。その使い方はあなた次第なのです。「やらなければならないこと」と「やっておくべきこと」のバランスのとり方を考えて、より充実した日々を過ごせるようになりましょう。

TOPへ

Copyright © Japan Instructor Association All rights reserved. ※当サイトはリンクフリーです※