日本インストラクター技術協会

プリザーブドフラワーデザイナーコラム01_ヘッド画像
プリザーブドフラワーデザイナー

フラワーアーティストになる方法を紹介!必要な資格は?仕事内容は?

花は日々の生活を華やかにしてくれるだけでなく、ハレの日の演出もしてくれる欠かせない存在。

花があるだけで幸せな気持ちになったり、癒されたり、プレゼントされるとうれしかったりしますよね。

そんな花を扱うフラワーアーティストに憧れた経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?

フラワーアーティストになるにはどうしたら良いのか?

資格は必要なのか?

気になる仕事内容についても解説します!
フラワーアーティストになる方法を紹介!必要な資格は?仕事内容は?

目次

フラワーアーティストとはどんな職業?

フラワーアーティストは、その名前の通り花を扱うアーティスト。

生花だけではなく、ドライフラワーやプリザーブドフラワー、また植物以外の物も使用するのが特徴です。

花を使って壁面や空間などを装飾するほか、ブーケなどを作る場合もあります。

活躍の範囲が非常に広いのが、フラワーアーティストです。

フラワーアーティストになるにはどうする?

フラワーアーティストになるために、特に資格は必要ありません。

フラワーアーティストに求められるのは、知識・感性・技術です。

花を扱う専門家のため、花に関する知識は必須。

他にも、フラワーアーティストになるには以下の様な知識を身につけると良いでしょう。

・花の特徴や取り扱い方
・花材についての知識
・花の取り合わせ
・アレンジの基本
・プリザーブドフラワーについて
・ブーケの作り方など

独学で身につけるには難しいものも多いため、専門のスクールや通信講座などで学ぶのがおすすめです。

感性は短期間で身につく物ではありません。

できれば幼い頃から花に親しんでいるのがベストです。

しかし、今からフラワーアーティストを目指すとしても決して遅くはないでしょう。

花だけでなく美しい物に触れる、美味しい物を食べる、動物に癒されるなどの経験1つ1つが感性を磨きます。

技術を身につけるには、知識を元に実践するのみです。

フラワーショップで働くなどして経験を積むのも良いですね。

フラワーアーティストとはどんな仕事?どんな分野で活躍している?

フラワーアーティストになる方法を紹介!必要な資格は?仕事内容は?

フラワーアーティストは、実際のところどのような仕事をしているのでしょうか?

活躍している分野ごとに、その仕事内容を見ていきましょう。

3-1フラワーショップ

もっともイメージしやすいのは、フラワーショップ(花屋)での仕事でしょう。

お客様の希望に合わせて、花束やアレンジメントを作ったりします。

フラワーショップでは、アレンジメントを作るなどの仕事の他に花の世話などすべての雑務をこなさなければなりません。

どの程度の仕事を任されるかはお店によって異なりますが、花の仕入れ、管理や手入れ、ディスプレイ、販売などの業務があります。

もちろん接客や電話応対、お店の掃除なども必要です。

アレンジメントや花束を送る場合は、梱包や発送の仕事もあります。

場合によっては配達もあるかもしれません。

毎日直接花に触れられ技術も磨かれるでしょうが、予想以上に雑務が多いのがフラワーショップだと思っておいた方が良いですね。

3-2ウエディング業界

ウエディング業界と花は、切っても切れない関係にあります。

フラワーアーティストの存在なくしてウエディング業界は成り立ちません。

会場全体のディスプレイや、花嫁のブーケ。花はウエディングを彩る大事な要素のため、カップル側からの要望も多いです。

フラワーアーティストは、依頼者の希望に添いながら全体としてのまとまりも作らなければなりません。

また予算との折り合いもあるため、思い通りの花が使えない場合もあるでしょう。

自分の思いではなく依頼者の思いを大事にするためにも、依頼者とよく相談をして使用する花やイメージを決めます。

期待されている以上のものが提供できれば、一生の思い出にあなたの作品も残るのです。

ウエディング業界で働く者にとって、最高の幸せですよね!

3-3ホテル

ホテルでのフラワーアーティストの仕事は、主にホテル内に飾る花のアレンジメントです。

ホテルのエントランスやロビーなどには、花が欠かせません。

四季折々の花を使用して季節感を演出したり、イベントに合わせてイメージを変えたりとフラワーアーティストの役割は重要です。

専属のフラワーアーティストがいるホテルもありますが、ホテルスタッフがその役割をしているところもあります。

フリーのフラワーアーティストが、ホテルと契約して行うケースもあるでしょう。

イベントなどのときのみフラワーアーティストがアレンジメントを担当する場合もあり、ホテルでのフラワーアーティストの働き方は様々です。

3-4カルチャースクールの講師

フラワーアーティストは、カルチャースクールの講師としても活動できます。

フラワーアレンジメントなどの教室は、カルチャースクールの中でも歴史が長く人気です。

家に飾る花1つでも、家の雰囲気は大きく変わります。

何の知識のない主婦でも簡単に始められる、初心者向けのフラワーアレンジメント教室が特に人気です。

カルチャースクールでは、講座内容の決定から材料の調達も行います。

とは言え、スクールが基本とするテキストやカリキュラムがあるはずなので、それに沿う形になるでしょう。

自由度は少ないのかもしれませんが、収入や勤務時間などが安定しているため働きやすいと言えます。

初めて花にふれ合うような生徒さんに花の魅力を伝えられるのは、やりがいのある仕事です。

3-5自宅での教室

フラワーアーティストは、自宅でフラワーアレンジメント教室などを開くのも可能です。

自宅で教室を開く場合は、生徒の募集や講座内容の決定、花材や必要な物品の調達などもすべて自分で行います。

内容の充実はもちろんですが、生徒をいかに確保するかが自宅で教室を行う際のカギとなるでしょう。

SNSを活用したり、まずは知り合いのつてを使ったりする場合が多いですね。

花は日持ちがしないため、生徒の人数に合わせて準備をしなければ無駄になってしまいます。

またあらかじめ準備しておけないため、予定していた花が手に入らないなど、急なハプニングが起こる場合もあるかもしれません。

臨機応変に対応できる能力が必要です。

しかし、自宅での教室は1人1人に丁寧に教えられるため、生徒さんが上手にできたときの感動もひとしお。

自分のペースで働けるのも魅力ですね。

3-6フリーのフラワーアーティスト

フリーで活躍するフラワーアーティストも多いです。

イベントやお店などのディスプレイを手がけたり、個人の依頼を受けたりと幅広い仕事をこなしています。

フリーのフラワーアーティストとして仕事をするには、フラワーアーティストとしての活動をアピールし自分で契約を取らなければなりません。

その他、フラワーアーティストとして活動するために必要な雑務は多いため、仕事が増えればかなり多忙になるでしょう。

その代わりフラワーアーティストの本領が発揮できる仕事でもあるため、やりがいはかなりのものです。

こんな人がフラワーアーティストに向いている

こんな人がフラワーアーティストに向いている

フラワーアーティストは、かなり適性を必要とする職業です。

具体的にはどのような人がフラワーアーティストに向いているのかをチェックしてみましょう!

・美的センス(感性)が優れている人
・想像力が豊かな人
・コミュニケーション能力が高い人
・地味な作業が苦にならない人
・臨機応変な対応ができる人

フラワーアーティストは、花を用いて美しい装飾やアレンジメントなどを作ります。

美の基準は人それぞれですが、依頼者やその場に訪れる人が美しいと感じるようなものが作れなければ意味がありません。

フラワーアーティストには、優れた美的センス(感性)が必須です。

フラワーアーティストが手がけるアレンジメントなどは、贈り物として使用されたりパーティーに使用されたりと様々。

目的や用途、その状況や会場などを想像し、それに合うものを作らなければなりません。

しかも、花は日々状態が変化します。

数時間でつぼみが開いてしまう場合もあるため、それも考慮した上で花材を選定する必要があるのです。

最高の状態で花がその役割を果たせるようしっかりと想像力を持って、細かな気遣いの元取り組める人がフラワーアーティストに向いています。

フラワーアーティストの仕事には、必ず相手が存在します。

依頼者がどのような思いを花に込めたいのかなど、コミュニケーションを十分にとって把握するのがまず大事です。

コミュニケーション能力が高い人は、相手の思いをしっかりと引き出せます。

どれだけ技術が優れていても、相手を満足させられないようではフラワーアーティストとしては優秀とは言えないのです。

花は繊細なため、温度や水の状態など細かな管理が必要。

花を良い状態に保つには、丁寧にケアしなければなりません。

花に合わせて管理方法を変えたり、水を替えたり傷んだ葉を取り除いたり、花の管理は非常に地味な雑務が多いのです。

それが苦にならない人が、フラワーアーティストに向いています。

職場にもよるでしょうが、フラワーアーティストだからといってアレンジメントだけが仕事ではないのです。

花は生きています。同じ花とは二度と出会えず、枯れてしまった花は元には戻りません。

気候や交通事情によっても、予定していた花が手に入らない場合もあります。

期待したような色味のものが用意できない場合もあるでしょう。

どのようなときであっても、臨機応変にデザインを替えたり手法を変更したりして対応しなければなりません。

そのとき考えられるベストの選択をして、何よりも依頼者を喜ばせなければならないのです。

予期せぬ事態が起こるのが、フラワーアーティストの仕事だと思っておきましょう。

いざというときの対応能力は、必ず求められるものです。

フラワーアーティストの代表的な資格を紹介

フラワーアーティストになるための資格は特にありませんが、関連する技能検定が1つ、関連する民間資格は多数あります。

その中でも代表的なものをご紹介しますね。

5-1フラワー装飾技能士(1~3級)

『フラワー装飾技能士』は、フラワーアーティストに関連する資格の中で、唯一の技能検定です。

技能検定は、中央職業能力開発協会による国家検定。1級~3級まであり、それぞれに受験資格が異なります。

3級は受験資格がありませんが、2級・1級は実務経験や下位級の合格などが必要です。

関連する学校に通うと、実務経験などが一部またはすべて免除となります。

フラワー装飾技能士の試験では、フラワー装飾に関する知識の他に安全衛生についてや実技も必要です。

5-2フローリスト検定(1~5級)

『フローリスト検定』は、フラワーデコレーター協会(FDA)が認定する民間資格です。

5~3級には受験資格がありませんが、2~1級は3級および2級に合格している必要があります。試験は年に1回で、5~3級は在宅受験、2~1級は会場試験です。

フローリスト検定は生花店や冠婚葬祭生花部門に特化しているため、道具の使い方から仏花・アレンジメント・ブーケ・葬儀用花籠まで幅広い知識が問われます。

5-3フラワーデザイナー(1~3級)

『フラワーデザイナー』は、日本フラワーデザイナー協会(NFD)が認定する民間資格です。

協会指定の講師もしくは公認校から必要な履修単位を認定してもらうと、受験資格が得られます。

3級は単位不要ですが、協会指定のカリキュラムに沿った学習が良いでしょう。

フラワーデザイナーの試験では、アレンジメント・花束・ブーケをテーマに沿って支給された花材を使用して作成します。

試験日や頻度は、地域によって様々です。

5-4フラワーアレンジメントデザイナー

『フラワーアレンジメントデザイナー』は、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する民間資格です。

受験資格は特になく、隔月で行われる試験は在宅で誰でも受験できます。

フラワーアレンジメントデザイナーの試験では、フラワーアレンジの基礎や応用、テクニックについての知識が必要です。

また、植物以外のものを用いたアレンジについても問われます。

5-5プリザーブドフラワーデザイナー

『プリザーブドフラワーデザイナー』は、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する民間資格です。

受験資格は特になく、隔月で在宅試験が行われます。

プリザーブドフラワーデザイナーの試験では、プリザーブドフラワーについての知識や生花・ドライそれぞれのリースの作り方など幅広い知識や技術が必要です。

おすすめはどの資格?

様々な資格があるフラワー業界ですが、フラワーアーティストを目指すためにおすすめなのはこちらの資格!

・プリザーブドフラワーデザイナー

『プリザーブドフラワーデザイナー』は受験資格がなく、誰でも受験可能です。

プリザーブドフラワーは最近特に人気を集めているため、資格として取得しておくとお客様の目にも留まりやすいでしょう。

生花とプリザーブドフラワーでは、扱いもアレンジの方法も異なります。

プリザーブドフラワーデザイナーの資格取得には、通常の生花の知識もプリザーブドフラワーの知識も必要です。

フラワーアーティストとして活動するのに役立つ知識が確認できるようになっており、その点でもおすすめできます。

資格取得には幅広い知識が必要なため、専門のカリキュラムのあるスクールや通信講座で学ぶのが良いでしょう。

特に通信講座では、試験が免除になるコースもあるためおすすめです。

プリザーブドフラワーデザイナー
https://www.jpinstructor.org/shikaku/flower/

おすすめ資格講座はココ!

プリザーブドフラワーデザイナーの資格を取得するには、通信講座がおすすめ!

中でもおすすめが、 試験免除のコースが用意されたこちらの講座です!

7-1フラワーアレンジメントW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

『フラワーアレンジメントW資格取得講座』は、諒(りょう)設計アーキテクトラーニングの通信講座です。

この講座では、『フラワーアレンジメントデザイナー』『プリザーブドフラワーデザイナー』2つの資格を取得できます。

『フラワーアレンジメントデザイナー』『プリザーブドフラワーデザイナー』2つの資格があれば、肩書きとして使う場合にも有利です。

幅広い仕事がこなせるイメージを与えるのも可能ですよね。

今別の仕事をしながら資格取得を目指す人や、フラワー関係の仕事をしながらステップアップを考えている人など状況は様々でしょう。

どのような人でも、自分のペースで学習を進められるのが通信講座の魅力です。

フラワーアレンジメントW資格取得講座は、1日にわずか30分の学習でも約半年で資格取得できます。

1日30分なら、今の生活を大きく変えなくても取り入れられますよね。今すぐに始められて、すぐに役立つ知識も得られるなんて最高です。

短期集中型ならば、最短2ヶ月での資格取得も可能。急ぎたい場合にも助かりますね!

フラワーアレンジメントW資格取得講座の最大の特徴は、試験免除の『スペシャル講座』が用意されている点。

このスペシャル講座では、カリキュラム通りに5回の添削課題を提出し最後に卒業課題のクリアにより資格取得となります。

通常受けるはずの2種類の資格試験は免除。

自動的に『フラワーアレンジメントデザイナー』『プリザーブドフラワーデザイナー』2つの資格が取得できるのは、かなりうれしいですね!

自宅受験できるとは言え、それぞれの試験に申込をして受験するのは面倒なものです。

試験も隔月のため、好きなタイミングで受けられる訳でもありません。

スペシャル講座で一気に資格取得するのが、夢への近道です!

フラワーアレンジメントW資格取得講座は、初心者でも分かりやすいカリキュラム。

今から勉強を始めるなんて遅いかも…と悩む前に、始めてしまった人の勝ちですよ!

フラワーアレンジメントW資格取得講座

基本講座 スペシャル講座
試験対策
添削課題5回
資格保証付
添削課題5回+卒業課題1回
受講料:59,800円(税込) 受講料:79,800円(税込)
フラワーアレンジメント資格取得講座
諒設計アーキテクトラーニング
フラワーアレンジメントW資格取得講座

7-2フラワーアレンジメント資格取得講座 | SARAスクールジャパン

『フラワーアレンジメント資格取得講座』は、SARAスクールジャパンの通信講座です。

この講座を受講すると、『フラワーアレンジメントデザイナー』と『プリザーブドフラワーデザイナー』2種類の資格が取得できます。

フラワー業界の資格は多数あるため、2種類の資格を取得していると有利でしょう。

特にプリザーブドフラワーは専門的な知識も必要なため、フラワーアレンジメントデザイナーと共に保有しておくとギフトの作成などに役立ちます。

SARAスクールジャパンは女性に人気の通信講座。

テキストが分かりやすいのはもちろん、質問への応対や学習フォローが充実しているのも魅力です。

1人で頑張るのはちょっと不安な人も、SARAスクールジャパンならば頑張れるでしょう。

フラワーアレンジメント資格取得講座のカリキュラムは、1日30分の学習で約6ヶ月での資格取得ができるように作られています。

仕事や家事、育児の間でも、たった30分なら確保できますよね。

忙しいからとスクール通いを諦めていた人でも大丈夫です!

時間が取れる人は、最短2ヶ月で学習を終えるのも可能。

自分のライフスタイルに合わせて取り組めるため、どのような状況の人でも安心です。

フラワーアレンジメント資格取得講座には2つのコースがあります。

試験対策の『基本コース』と資格保証付の『プラチナコース』ですが、もちろんおすすめは『プラチナコース』!

プラチナコースならば試験免除のため、資格取得が確実です。

「プラチナコースの方が難しいのでは?」

「プラチナコースはかなり高いのでは?」

そのように思うかもしれません。

しかし、内容は基本コースもプラチナコースも同様。

プラチナコースには、試験の代わりに1回の卒業課題が課されます。費用面でも心配無用!

基本コースとプラチナコースとの差額は、2つの受験料と同額なのです。

何かとお得なプラチナコースで、フラワーアーティストへの最短コースを進みましょう!

フラワーアレンジメント資格取得講座

基本コース プラチナコース
試験対策
添削課題5回
資格保証付
添削課題5回+卒業課題1回
受講料:59,800円(税込) 受講料:79,800円(税込)
フラワーアレンジメント資格取得講座
SARAスクールジャパン
フラワーアレンジメント資格取得講座