日本インストラクター技術協会

土木CADインストラクター
建築・機械・土木の資格

土木CADインストラクター

土木CADインストラクター

土木CADインストラクター

土木CADインストラクターとは、土木CADにおける土木製図の基本事項から,コンクリート構造,鋼構造,橋などを十分に理解したと捉えCADシステムを理解し、AutoCAD、JWCADいずれかの操作が実務において通用するレベルまで達した方へ認定されます。
資格取得後は、様々な知識を利用して講師活動ができます。

土木CADインストラクター資格検定試験概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価

動画でわかる!
土木CADインストラクター
資格

資格検定試験実施日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送り下さい。

次回検定試験日程
試験期間
2021年12月20日〜25日
受験申込み期間
2021年11月1日〜30日

資格コラム

土木CADとは
土木CADとは

土木CADとは、水道管や建築物の基礎工事、道路・橋・歩道橋・高架道路などの公共建造物、宅地造成など大型建造物を建設する際に使用する設計図を作るCADです。土木工事の多くは、官公庁に提出する図面を作成する場合が多く、専門的用語を多用したり、規定に沿った図面を作成する必要があることから、専門的な知識と正確な図面を作図する技能が必要となります。
土木工事では、規格寸法や設計施工条件などが定められている事が殆どの為、多種多様の設計図を作成します。例えば、施工箇所や工事範囲を記した位置図、施工する全ての構造物を記した平面図、構造物の位置・高さ・寸法・側点・勾配などの縦断面を記した縦断面図、構造物の地盤・距離・寸法・境界線などを記した横断面、側面・平面・正面図の主要断面図や柱状図を記した一般図、構造物の詳細や配筋図を記した構造図などがあります。また、公共物など入札のある場合は、入札用の図面なども必要となります。
図面作成に使用するCADとしては、AUTODESK社が開発している2次元・3次元図面を作図することができるAUTOCADが汎用ソフトとして世界一のシェアを占めています。また土木図面は複数の業者間で閲覧する可能性がある為、使用するCADには注意が必要と言えます。

CADとは
CADとは

CADは2次元図面・3次元図面、及び設計図を作図する為のパソコンソフトの名称です。一口に図面と言っても種類は多く、機械設計、建築設計、電気設計、土木設計、自動車設計、部品設計など多岐に渡ります。また、何か物を作ろうとした時には、必ず設計図を作る必要があり、CADの用途は広く、CADに関する資格は常に人気があります。また、CADに関する技術を身に付けると、業界を変えても同様に作図することが可能であることから、様々な用途に応用できる技術として、今後も一定の需要がある技能と言えます。
CADのソフトには、代表的なものとしてAUTODISK社のAUTOCADが有名ですが、専門分野に特化したCADやフリーウェアのCADも多くあり、ソフトによって使い方や用途は様々です。しかし、設計図などの図面は開発時に幾つもの業者で使用されることから、互換性が重要になってきますので、使用するCADの選択には注意が必要です。
また、以前のCADは2次元の平面図だけでしたが、近年では3次元の図面も作図することが一般的となってきました。その為、CADにおける技術の進歩には目覚ましいものがあり、常に最先端の技術・テクニックを身に付ける必要があると言えます。図面を作図する際には、縮尺・専門用語・寸法・角度などCAD操作以外にも知識を身に付ける必要があります。

その他の資格