日本インストラクター技術協会

華道資格コラム01_ヘッド画像
花の活け方インストラクター

華道家になるには?必要な資格や仕事内容を解説

・「華道家になるには何からはじめたら良い?」

・「華道家にはどのような就職先がある?」

当記事では、上記のような疑問を解消していきます。

【内容をまとめると】

・華道家は、お花を使った空間演出を行う仕事

・華道家になる為には、流派に入門して5~10年の修行をするのが一般的

・華道家としてのセンスを養うために、活け花や色彩の勉強をするのもおすすめ

・華道家としてのセンスを磨くためのおすすめ資格は「花の活け花インストラクター」資格

・諒設計アーキテクトラーニング・SARAスクールジャパンでは、短期間で「花の活け方インストラクター」資格と「華道アドバイザー」資格がW取得できる

それでは、早速見ていきましょう。
華道家になるには?必要な資格や仕事内容を解説

目次

そもそも華道家とは?

華道家とは、お花を使った空間演出を行う生け花の専門家の事を言います。

華道は、日本の伝統芸能とも呼ばれ、季節や催事に合わせて花を花器や花瓶で彩り、演出することが主な仕事内容です。

有名な華道家ともなれば、テレビや雑誌で紹介されることもあり、芸能人というジャンルで括られる事もあるでしょう。

そんな華道家ですが、ひと昔前まで一般庶民にとっては、あまり身近な職業ではありませんでした。

流派を名乗り活躍する為には、門下生として5~10年という長い歳月を修行する必要もあり、多くの歳月を要します。

しかし、数多くの困難を乗り越えても、展覧会を開く程の人気の華道家になるのは、選ばれたごく一部の人間だけと厳しい業界であった為、気軽に目指せる職業ではありませんでした。

しかし、昨今ではフラワーアーティストや、いけばな作家という呼び名も普及し、個人で作品を販売する華道家が増加傾向にあり、華道家の活躍の場が広まっています。

更に、海外での需要も高まりから、講師として外国人向けの華道ワークショップの教室で生計を立てる方も多くなってきました。

このように、華道家の仕事は時代と共に多様化し、大変身近な存在になったと言えます。

華道家になるには?なにからはじめたらいい?

華道家はひと昔とは異なり、非常に身近な存在にはなりましたが、華道家になる為には上の項にも上げた通り、華道の流派に入門することが必須です。

華道の流派に入門して数年から、場合によっては十数年の稽古を付けてもらう必要があるでしょう。

華道の流派は300以上あると言われており、師範と呼ばれる師匠の元について学ぶことで、流派を名乗れるようになります。

更に、昨今では華道家としてのセンスを磨くために、華道に関する知識や色彩に関する知識、生け花に関する知識を取得する方も増えてきました。

これらの知識は必ずしも必要なものではありませんが、自身のセンスや構成力、そして華道に対する理解を磨くきっかけになります。

優れた華道家を目指したいのであれば、流派に入門するだけで満足するのではなく、多岐に渡って想像力を磨いていく必要があると言えるでしょう。

華道家の仕事内容とは?どのような分野で活躍できる?

華道家の仕事内容とは?どのような分野で活躍できる?

華道家の活躍分野は多岐に渡り、分野によって仕事内容や収入が大きく異なります。

一般的な華道家の平均年収は250万円〜350万円と言われていますが、経験や実績に応じて収入の増減が激しい業界と言えるでしょう。

下記に、代表的な活躍分野と仕事内容をまとめましたので、是非参考にしてください。

3-1華道の講演会

華道家として成功を収めると、メディアに出演する機会も増えて、講演会などで生計を立てられるようになります。

成功を収めるためには、有名なコンクールでの受賞や、頻繁に作品を発表していく必要があるでしょう。

有名な講師になると、講師としてのギャラや、イベントでの生け花制作の依頼が入るので、年収数千万円クラスを目指せます。

しかし、講演会などで生計を立てていけるのは、ごく一部の成功者であることを、念頭に置いておきましょう。

3-2独立・起業

華道家として独立できるほどのスキルを身につけたら、自分の華道教室を開き起業することも可能です。

自宅の一室で華道教室を開く方法や、出張講師として市民センターなどで出張華道教室を開く方法も選択できるため、比較的初期費用もかからず、リスクなく始められます。

また、華道の流派によっては、卒業生を対象に講師の仕事を紹介してくれます。

独立を決める前に、講師としてのスキルを積んでおくのも良いでしょう。

3-3ホテルやブライダル関係に就職

華道とあまり関係がない分野に思われがちですが、華道家として得たスキルを活かして、ホテルやブライダル関係の企業に就職する方も少なくありません。

ホテルやブライダル業界では、お祝いの席が多くお花が登場する機会が多くあります。

この為、華道家としてのスキルは大変重宝され、就職に有利に働くでしょう。

また、これらの企業への就職は、収入の安定しない華道家にとって、唯一安定した仕事であるとも言えます。

中には有名華道家としての道を目指しながら、副業として企業に就職する方もいるので、是非参考にしながら華道家の道を目指しましょう。

華道家に向いている?適性チェック

華道家に向いている?適性チェック

華道家は華やかな世界なので、憧れを持つ方は非常に多いでしょう。

しかし、華やかな半面、耐えるべき困難や適性がないと難しい点もあります。

そこで、この項では華道家に向いているかどうかの適性診断をご紹介していきます。

華道家としての道を目指す前に、一度チェックしてみてください。

【華道家の適性チェック】

・センスがある
・お花が好き
・コミュニケーション能力が高い
・常に新しい事を取り入れられる
・物作りが好き
・日本の伝統文化に興味がある

上記の1つにも該当するのであれば、華道家としての適性はあると言えます。

華道家にとって最も大切な事は、お花を愛でる気持ちです。

華道家としての道は大変険しい為、最低条件としてお花が好きでなければ、中々続けていく事は難しいと言えます。

また、ある程度のセンスも求められます。

センスについては、活け花に関する知識を取り入れるなどの工夫で、ある程度養えるものですが、プロとして活躍する為には、産まれ持ってのセンスの良さも欠かせません。

更に、冒頭でも申し上げましたが、華道家としての仕事はここ数年で多様化しています。

この為、昔ながらの考え方に固執して、新しい知識を取り入れられない方は、華道家として生き残るのは難しいでしょう。

どの業界でも同じ事が言えますが、常に勉強していくひたむきな姿勢がないと大成を納める事は難しいものと言えます。

華道家の代表的な資格

華道家としての技術を磨く為には、様々な資格があります。

この項では、華道家に役立つ代表的な資格を見ていきましょう。

5-1フラワーアレンジメントデザイナー

フラワーアレンジメントデザイナーは、日本デザインプランナー協会が主催する認定資格です。

フラワーアレンジメントに関する基本的な知識をはじめ、アレンジメントフラワーを日常に取り入れる手法について学習できます。

インテリア業界や、服飾業界を目指す方に人気の資格として知られていますが、華道家としてのセンスを養うためにも役立つでしょう。

5-2プリザーブドフラワーデザイナー

プリザーブドフラワーデザイナーは、日本インストラクター技術協会が主催する認定資格です。

プリザーブドフラワー資格を有する者は、花器や花に関する一定以上の知識があることを証明できます。

資格取得後は、副業としてプリザーブドフラワーの作成や各種ワークショップの開催、講師活動などが期待できるでしょう。

5-3花の活け方インストラクター

花の活け方インストラクターは、日本インストラクター技術協会が主催する認定資格です。

華道に関する基礎知識や、華道に必要な道具など基本的なことから、季節・種類毎のお花の活け方を学習できます。

資格取得後は、カルチャースクールの開催や、副業でのお小遣い稼ぎ、インストラクターとしての活躍が期待できるでしょう。

華道家としての第一歩として取得する方もいるようです。

5-4華道アドバイザー

華道アドバイザーは、日本生活環境支援協会が主催する認定資格です。

華道アドバイザーの学習では、華道の起源や歴史について学べる他、華道の流派による活け方の様式や、流派による特徴について学習できます。

資格の取得後は、講師活動がカルチャースクール開催などが可能です。

華道家として流派に入門すると、ほかの流派を知る機会があまりない為、華道家にも好まれる資格と言えるでしょう。

5-5色彩インストラクター資格

華道に直接的な関係はありませんが、シーンに応じたカラーチョイスを覚えられる色彩インストラクター資格もおすすめです。

色彩インストラクター資格は、日本インストラクター技術協会が主催する認定資格で、色合いが与える印象についてを深く学習できます。

色についての総合知識を学ぶと、生け花を配色する際の参考にもなるでしょう。

優れた華道家になる為にはどの資格がおすすめか

ここまで華道家の仕事内容やなり方、代表的な資格についてを解説していきました。

華道家を名乗る為には入門が欠かせませんが、より優秀な華道家となる為には、センスを磨くための資格取得も効果的という事がわかりましたね。

しかし、認定資格を受験したことがない方は、どのように資格を選択すれば良いのか解らない方も多いかと思います。

そんな方におすすめな資格は「花の活け方インストラクター」資格です。

下記に、花の活け方インストラクターがおすすめな理由をまとめましたので、是非参考にしてください。

【花の活け方インストラクター資格がおすすめな理由】

・華道に関する基礎的な知識が手に入る
・様々な流派の生け花について学習できる
・短期間で取得できる
・勉強から資格試験まで全て在宅で可能

花の活け方インストラクター資格は、日本有数の流派である「小原流」「仁和寺御室流」「草月流」独自の生け花を学習できます。

自身が入門している流派以外の花の活け方を知ると、活け花に対する考え方が変わり、多様な考え方が出来るようになります。

また、華道の起源や歴史に至るまでも知れるので、華道家を目指すものとして興味を持って学習を進められるでしょう。

試験対策から試験に至るまで、在宅で行える為、仕事や家事の片手間で資格の取得を目指せます。

更に、資格試験は2か月に一回という頻度で開催されている為、今からすぐに挑戦できるのも利点と言えるでしょう。

花の活け方インストラクター
https://www.jpinstructor.org/shikaku/kadou/

「花の活け方インストラクター」を取得できるおすすめ資格講座

通信講座会社のSARAスクールジャパン、諒設計アーキテクトラーニングでは、現在「花の活け方インストラクター」資格の他に、もう1つ華道家として役立つ資格をWで取得できる、お得な通信講座を開講しています。

それぞれの講座の特徴を詳しく見ていきましょう。

7-1華道アドバイザーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングの華道アドバイザーW資格取得講座では「花の活け方インストラクター」資格と「華道アドバイザー」資格の2資格を同時取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングでは、プロが監修した完全オリジナルのテキストを採用している大変質の高い通信講座で、実際に資格協会からも認定された講座です。

そんな諒設計アーキテクトラーニングでは、基本講座の他に、資格協会認定講座ならではのスペシャル講座をご用意しています。

下記にそれぞれのコースについてまとめましたので、是非参考にしてください。

  基本講座 スペシャル講座
費用 59,800円 79,800円
受講期間 6ヶ月(最短2ヶ月) 6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数 5回 5回+卒業課題
講座内容 受講証
受講マニュアル
完全攻略テキスト2冊
練習問題集/解答用紙
練習問題解答集
模擬試験/解答用紙
模擬試験解答集
添削課題/提出用解答用紙
質問用紙
封筒
受講証
受講マニュアル
完全攻略テキスト2冊
練習問題集/解答用紙
練習問題解答集
模擬試験/解答用紙
模擬試験解答集
添削課題/提出用解答用紙
質問用紙
封筒
犬・猫ペットブリーダー&ペット繁殖インストラクター卒業試験
特徴 ・初期費用を抑えたい方におすすめ
・テスト対策用
・5回の添削あり!
・確実に資格取得!
・試験に申し込む必要がない

上記からもわかるように、基本講座は学習及び試験対策用の講座であるのに対し、スペシャル講座は学習に加えて卒業課題を提出すれば資格取得が確約されている講座です。

短期間で資格を取得したい方や、資格試験にわざわざ申し込むのが面倒な方は、是非スペシャル講座をご検討ください。

華道アドバイザー資格取得講座
諒設計アーキテクトラーニング
華道アドバイザーW資格取得講座

7-2華道資格取得講座 | SARAスクールジャパン

資格講座のSARAスクールジャパンでは、現在、華道資格取得講座が開講しています。

華道資格取得講座では「華道アドバイザー」資格と「花の活け方インストラクター」資格の2資格が取得できます。

SARAスクールジャパンは、女性に選ばれる通信講座として知られており「女性が選ぶ通信講座ランキング」「顧客満足度ランキング」などで1位を獲得した実績があります。

そんなSARAスクールジャパンでは、一日30分からの資格取得を目指せる2つのコースがあります。

下記にそれぞれのコース内容をまとめましたので、是非参考にしてください。


  華道基本コース 華道プラチナコース
費用 59,800円 79,800円
受講期間 6ヶ月(最短2ヶ月) 6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数 5回 5回+卒業課題
講座内容 ガイドブック
受講証
受講カード
学習テキスト01
学習テキスト02
練習問題集/解答
模擬試験/解答
添削問題5回分
質問用紙
封筒
ガイドブック
受講証
受講カード
学習テキスト01
学習テキスト02
練習問題集/解答
模擬試験/解答
添削問題5回分
質問用紙
封筒
卒業課題
特徴 2種類の学習テキストや、練習問題、模擬試験を経て資格試験に挑戦するコース 確実に資格取得を目指せるコース。卒業課題をクリアすると同時に「華道アドバイザー」「花の活け方インストラクター」の資格を取得できる

一見するとプラチナコースはお高く見えますが、プラチナコースは講座費用がかかる代わりに、各試験にかかる費用は一切かかりません。

「華道アドバイザー」「花の活け方インストラクター」資格は、資格試験1回あたり1万円の試験費用がかかります。

つまり、基本コースを選択しても、試験費用がかかればプラチナコースと同じ金額になってしまうのです。

資格が必要な方や、初期費用だけはどうしても抑えたい方は仕方ないと思いますが、そうでない方は、プラチナコースがおすすめと言えるでしょう。

華道資格取得講座
SARAスクールジャパン
華道資格取得講座