日本インストラクター技術協会

ビーズアーティスト
手芸・ハンドメイドの資格

ビーズアーティスト

ビーズアーティスト

ビーズアーティスト

ビーズアーティストとは、ビーズアクセサリーの作成、また作成に必要な知識と技術を指導可能であるとされた人へ認定されます。資格取得後は、様々な知識を利用して講師活動ができます。

ビーズアーティスト資格検定試験概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
資格試験概要
  • トルマリン,パール,ブルーレースアゲート,プレナイト,フローライト,ヘマタイト,ペリドット,マザーオブパール,マラカイト,ムーンストーン,モスアゲート,ラピスラズリ,ラブラドライト,ルビー,ローズクォーツ,誕生石の一覧,天然石の色系統別一覧,天然石ビーズの注意点・お手入れ,天然石アクセサリーを身につける部位の効果
  • 手作りレシピ,プチモチーフブレスレット,リングブレスレット,オーシャンブレスレット,ピアスの金具について,ボリュームピアス,チェーンポイントピアス,ビーズタッセルピアス,スプリングフープピアス,イヤリングの金具について,アースイヤリング
  • ロマンティックネックレス,チェーンタッセルネックレス,オリーブネックレス,スカイブルーネックレス,ノスタルジアネックレス,ツイストパールネックレス,ローズネックレス,ボリューミーリボンネックレス,パールブレスレット,フラワーイヤリング,ビジューイヤリング,ムーンライトイヤリングなど

動画でわかる!
ビーズアーティスト
資格

資格検定試験実施日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送り下さい。

次回検定試験日程
試験期間
2021年12月20日〜25日
受験申込み期間
2021年11月1日〜30日

資格コラム

ビーズアクセサリーの作り方
ビーズアクセサリーの作り方

ビーズと聞くと子供っぽいイメージを持たれるかもしれませんが、昨今は様々な色・形・大きさ、多種多様なビーズが作られており、大人から子供まで楽しく手作りができるアイテムとして人気を博しています。特に昨今では、手芸店や雑貨店などで手軽に購入することもできますし、インターネットなどで飾りやアクセサリーの作り方やレシピなどが公開されていますので、誰でも手軽に始めることができます。
ビーズには幾つもの種類があり、小さい粒のビーズを総称してシードビーズ、竹のように丸く長いものを竹ビーズ、滴や涙の形をしたドロップビーズ、ピーナッツのような形をしたファルファーレ、円柱型のシリンダービーズ、キラキラと光るスワロフスキー、ガラスのように透明なガラスビーズと多くの種類があります。
ビーズの基本的な使い方は、テグスで編む方法です。透明のテグスをビーズの穴に通してビーズを繋げて形を整えながら作っていきます。またレース糸に先にビーズを通してから、レース針で編み込む方法もあります。ビーズだけで作成するだけでなく、革紐やネックスレスに通してアクセサリーとして楽しまれる方が増えてきています。ビーズアクセサリー作りに関するテクニックを身に付けて、色んなアクセサリーを作ってみてはいかがでしょうか。

ビーズアクセサリーについて
ビーズアクセサリーについて

今、女子にビーズアクセサリーが人気です。今は様々なビーズが手軽に手に入れることができたり、インターネットでアクセサリーの作り方が公開されているので、初めての方でもすぐに楽しみながら作ることが出来ます。また手作りのビーズアクセサリーに人気があることから、インターネットを通じて販売されている方も多くみえます。アクセサリー作りが楽しいだけでなく、販売して収入につなげることも可能なので、ビーズアクセサリー作りに関する知識やテクニックを身に付けるのもいいですね。
ビーズアクセサリーは安いイメージを持たれるかもしれませんが、ビーズには様々な種類が販売されており、中にはキラキラ光るスワロフスキーや天然石から作られたビーズなどは、高価なビーズとして認知されており、アクセサリーになれば高価な値が付く事もあります。
ビーズは工夫次第で様々な形、色、大きさにすることが可能なので、ネックレスやブローチ、指輪など、オリジナルのアクセサリーを自分で手作りして、身に付けることができます。複雑なものから簡単なものまで、使用するビーズによって難易度は変わりますが、レシピを見ながら作れば、誰でも作ることが可能となります。楽しみながらビーズを使ったオリジナルアクセサリー作りにチャレンジしてみて下さい。

おすすめコラム

その他の資格