日本インストラクター技術協会

手編みニットデザイナー
手芸・ハンドメイドの資格

手編みニットデザイナー

手編みニットデザイナー

手編みニットデザイナー

手編みニットデザイナーとして、手編みできるニットに関する基本的な知識を有していることを認定されます。
初心者に向いた編み物、簡単に作れる作品について、作品の仕上げ方などの知識を持ち、自身で作品を作るだけでなく、アドバイスすることもできる人に認定される資格です。
棒編みやアフガン編みで帽子やセーター、小物、バッグなどを作る方法や注意点を理解していること、柄のある作品の編み方例えば、アフガン編みの応用として、バックステッチやメリヤス編みなどのバリエーションについて理解していることの証明になります。資格取得後は、手編みニットデザイナーとして自宅やカルチャースクールで講師活動をすることができます。

手編みニットデザイナー資格検定試験概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価

動画でわかる!
手編みニットデザイナー
資格

資格検定試験実施日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送り下さい。

次回検定試験日程
試験期間
2021年12月20日〜25日
受験申込み期間
2021年11月1日〜30日

資格コラム

かぎ針とは
かぎ針とは

かぎ針は、針の先がかぎ爪のようになっている棒状の道具で、糸を引っ掛けながら編んでいく編み方で、帽子や手袋などのように、比較的小さな物に向いている編み方です。かぎ針には、2号(2.0mm)の細いものからジャンボ10mm(10mm)まであり、編み目をしっかりときつく編みたい時は、かぎ針の細いものを使用し、ざっくり編みたい時や、ふんわり編みたい時は、かぎ針の太いものを使用し、作品に応じて編み目の大きさを調整することができます。かぎ針の良いところは、針1本で編むことができること、代表的な編み方である、鎖編み・細編み・長編みの3つの技法を駆使することによって、様々な模様や作品を作ることができることです。また、編み棒を2本使って編む棒針編みに比べ、形の自由度が高く、色の変え方が容易であること、また、途中で編み直すことやアレンジを加え易い編み方であることから、これから編み物を始めたいと思われている方にとっては、手軽に始めることができる編み方として人気が高まっています。また、針が細いレース用のかぎ針を使えば、様々な模様のレースを作ることもでき、近年人気が高まっている編み方です。手作りの編み物に興味のある方、編み物を始めたいと思われている方は、まずはかぎ針を使った編み物から始められてみてはいかがでしょうか。

棒編みとは
棒編みとは

棒編みは、棒2本を使って編む方法で、帽子やバッグなどのように立体的な形を作りやすいかぎ針編みに比べ、マフラーや服などのように平面的な形が編みやすい方法といえます。
棒編みは、糸を左手の人差し指に掛けて編むフランス式と、糸を右手の人指し指に掛けて編むアメリカ式とに分けられます。出来上がる編み目は、フランス式もアメリカ式も同様の編み目になりますが、フランス式は10本の指を無駄なく合理的に動かす為、スピーディーに編む事ができ、初めて編む方に適した編み方とされ、アメリカ式は糸の引きが若干強くなり、編み目が綺麗に揃う編み方です。使い分けることで、より効率的に編むことが可能となります。棒編みに使用する棒針もかぎ針と同様に、様々な太さがあり、太さによって編み目の大きさを変えることができます。また、かぎ針が15cmから20cmに対し、棒編みに使用する棒針は30cmと長いのが特徴です。棒編みの特徴は、2本の棒針を使うことで速く編むことができること、模様を編んでも隙間なく編む事ができるので、防寒性も高まり、マフラーやセーターなどのように、大きく防寒性を求められる物を作る場合に適しています。棒編みは同じ編み方を続けて作品を作る為、一度、編み方の要領を掴めば、同じ編み方を続けて編みますので、初めての方でもすぐに編めるようになる方法です。

その他の資格