日本インストラクター技術協会

ビーズアーティストコラム01_ヘッド画像
ビーズアーティスト

ビーズ作家になる方法を紹介!必要な資格・仕事内容も要チェック!

ビーズアクセサリーなどのビーズ作品は、子どもから大人まで幅広い世代に大人気です。

子どもが初めて手にするアクセサリーがビーズアクセサリーの場合も多いですよね。

その種類は、子ども向けのキラキラしたものから大人でも使えるシックなもの、カジュアルなパーティーでも使えるようなゴージャスなものまで様々。

アクセサリーの中でも比較的簡単に作れるため、趣味としても人気です。

そんなビーズ作品を制作・販売するビーズ作家は、副業として目指している人も多いかもしれません。

ビーズ作家になるにはどうしたら良いのか?

自分でもビーズ作家になれるのか?

気になるあなたは要チェックです!
ビーズ作家になる方法を紹介!必要な資格・仕事内容も要チェック!

目次

ビーズ作家とは一体何?

ビーズ作家は、主にオリジナルのビーズアクセサリーを製作・販売します。

アクセサリーのデザインや材料の選定・調達、制作や販売までを1人でやるケースが多いです。

ビーズはガラスやプラスチックから天然石やウッドビーズまで種類が幅広く、アクセサリーにも基準や決まりがある訳ではないため、自由度が高いのが魅力です。

本業でビーズ作家として活躍する人も居ますが、趣味から始めて副業として活動している人もいます。

ビーズ作家になるにはどうする?

ビーズ作家になるためには、特別な資格は必要ありません。

今はハンドメイド作品の人気が高く、フリマやサイトでの販売も一般的になってきました。

魅力的なオリジナルのビーズアクセサリーを製作し、それを販売すればビーズ作家と名乗っても良いでしょう。

ただし、ビーズと言ってもその種類は様々。色・形・大きさだけではなく、素材も豊富です。

天然石のビーズもあるため、扱いや効果などについての知識も必要ですよね。

ビーズアクセサリーを作るには、金具の扱いやステッチの方法なども、基礎から学んだ方が良いでしょう。

独学でも学べますが、しっかりと基礎を身につけるにはハンドメイド専門のスクールや通信講座などで学ぶのが効率的です。

ビーズ作家になるためには、以下の様な知識を身につけておくのをおすすめします。

・ビーズの種類や特徴
・金具や道具の使い方
・天然石について(特徴・効果・扱い方など)
・ビーズステッチの基本とテクニック
・ビーズアクセサリーの作り方
・販売方法など

ビーズ作家とはどんな仕事?活躍しているのはどんな分野?

ビーズ作家とはどんな仕事?活躍しているのはどんな分野?

それでは、ビーズ作家は具体的にどのような仕事をするのでしょうか?

ビーズ作家が活躍できるのはどんな分野なのかも、合わせて紹介しますね!

3-1ビーズ作家の仕事内容はこんな感じ

ビーズ作家の仕事の中心は、ビーズアクセサリーを中心としたビーズ作品の制作です。

デザインを考え、材料選びや材料の調達をし、実際に制作をしていきます。

作品が完成したら販売をしますが、販売方法によって必要な作業は様々。

対面販売ならば、販売先(雑貨屋などの販売店、フリマやイベントなど)との契約や申込、ディスプレーを考えるなどの作業が必要です。

フリマなどでは価格設定もしなければなりませんね。

対面販売は実際にお客様とやり取りができるため、喜ぶ顔や反応が見られて楽しいものです。

フリマやイベントなどでは、簡単な梱包をして商品を渡す場合が多いでしょう。お客様に渡すものですから、丁寧に扱わなければなりません。

対面販売の場合、もちろんですがいわゆる接客も必要ですね。

インターネットで販売する場合には、商品写真の撮影や情報の記載が必要です。写真1つで作品の印象は大きく異なります。

アクセサリーのため、着画の方がイメージも付きやすいかもしれません。

SNSなどを通して動画を投稿できるのであれば、ビーズならではの揺れ感を撮影するのも効果的。屋外で自然光の元で撮影するなどの工夫も良いのかもしれませんね。

インターネットで販売する場合も価格設定は自由なため、他店の相場なども考慮しながら決める必要があります。

高すぎると見向きもされず、安すぎると労力に見合わず、販売を続けられません。作品が売れたら、発送の作業が必要です。

宛先は手書きでもパソコンでもOKですが、間違いのないようにしなければなりません。

ビーズアクセサリーは繊細なため、緩衝材などをうまく使って丁寧に梱包します。

問い合わせへの対応や、発送連絡などのメールも必須。速やかに行えなければ信用問題に関わります。

具体的にビーズ作家が活躍しているのは、このような分野です。

3-2雑貨店や手芸店

雑貨店や手芸店でビーズアクセサリーを取り扱っているところは多いです。

数名のビーズ作家の作品を置いていたり、そのお店オリジナルのものがあったりと様々。

ビーズ作家はお店で販売するアクセサリーを製作したり、お客様にアドバイスしたりできます。

特に手芸店では材料も一緒に販売しているため、同じようなアクセサリーを作りたいお客様からの問い合わせは多いです。

ビーズ作家ならではの知識とセンスでアドバイスができれば、お客様にも喜んでもらえます。

お店の主催でワークショップをやっているところもあるでしょう。

ビーズ作家はワークショップの講師としても活躍しています。

3-3ハンドメイドのイベント

ハンドメイドは今のトレンド。全国各地でハンドメイドのイベントが開催されています。

ハンドメイドのイベントでは作品の販売ができます。人気のイベントでは出展が抽選の場合もあるため、いくつものイベントをチェックしておき参加しているビーズ作家が多いです。

多くのイベントでは出展料が必要ですが、お客様が作品を気に入ってくれたら、インターネット販売などにもつながります。

お客様の生の声が聞けて制作にも大いに役立つでしょう。主催者に認められたら、優先的にイベントへ案内してもらえる場合もあります。

3-4フリマ

地域のフリマなどでも、ビーズアクセサリーのコーナーは人気です。

地域のフリマであれば無料で出店できる場合もあるため、見逃せません。

ビーズアクセサリーは幅広い世代から人気があるため、あえて子供用のものも並べておく等の工夫があると注目されやすいですね。

ディスプレーの工夫によっても人気の出方が異なり、やってみると楽しいでしょう。

フリマならではの値下げ交渉などもありますが、できる範囲で対応するとファンが増えるかも知れませんね。

3-5ハンドメイドサイトやアプリ

もっとも簡単な販売方法が、ハンドメイドサイトやアプリでしょう。基本的に登録は無料で、商品が売れた際に手数料を払う形です。

手数料はサイトやアプリによって様々なため、使い勝手の良さや集客も含めて判断しなければなりません。

インターネットで作品を販売する際にカギとなるのが、商品写真。自分の作品の良さが十分に伝わるような撮影ができるかどうかで、売り上げはかなり左右されます。

ライバルのものを研究するなどの工夫や努力も必要です。

また、宣伝も重要な要素の1つ。SNSをうまく使って発信することで、広告費をかけずに幅広く宣伝ができますね。

3-6カルチャースクールの講師

ビーズ作家は、カルチャースクールの講師としても活躍中です。

ハンドメイドの中でもビーズアクセサリー作りは身近なため、カルチャースクールでも高い人気があります。

ちょっとしたコツで仕上がりが大きく変わるビーズアクセサリーは、カルチャースクールで学ぶ意味があるのです。

ビーズ作家として作品を作り続けているからこそ分かるコツやポイントを教えたり、自分では作れないようなデザインを提案したりできます。

工夫次第でバリエーション豊富な教室ができるでしょう。

教室の頻度などは各スクールによりますが、週に1回や月に数回などの場合は掛け持ちで働いているビーズ作家もいます。

3-7自宅でのワークショップや教室

カルチャースクールなどに所属せず、個人でワークショップや教室を自宅で開いているビーズ作家もいます。

自宅で教えるメリットは、スケジュールや料金設定などすべてが自由な点。

副業としても行いやすく、特に会社員など時間に融通の利かないような職業の場合は、週末や夜などにできると両立しやすいですよね。

生徒さんとの距離も近いため、生徒さんの希望に添いやすいのも魅力。生徒さんと一緒に作り上げていける教室は、かなりやりがいがあります。

自宅でワークショップや教室をする場合は、自分が作品を制作する時間とのバランスを取るのが大事です。

忙しくなりすぎて作品作りができなくなると、ストレスにもなります。

生徒さんの希望を取り入れつつ、自分の生活も大事にする工夫が必要です。

口コミで生徒が集まる場合もありますが、最初はイベントやフリマなどに積極的に出店して知名度を上げて行くのが良いでしょう。

こんな人がビーズ作家に向いている

こんな人がビーズ作家に向いている

ビーズ作家は誰にでもなれますが、仕事として行うのであれば、やはり適性はあります。

どんな人がビーズ作家に向いているのか、見てみましょう。

・細かい作業が苦にならない人
・集中力を維持できる人
・独創性のある人
・人とのコミュニケーションが得意な人
・継続できる人

ビーズは1つ1つのパーツが小さく、作品を作るのはかなり細かい作業の連続です。

特にアクセサリーの場合は、細かな部分の処理ができていないと肌に当たってしまい、身につけていられません。

隅々にまで注意を払って、丁寧に作業できる人がビーズ作家に向いています。

簡単なブレスレットなどであれば短時間で完成しますが、複雑なデザインのものなどを作るにはかなりの時間を要するでしょう。

また、作品を販売するにはある程度の数を用意する必要があります。

ビーズ作家として作品を発表したり、販売したりするのであれば、長時間集中して作品を作らなければなりません。

集中力を維持できる人でないと、ビーズ作家になるのは難しいでしょう。

ビーズアクセサリーなど、ビーズ作品の魅力はそのオリジナリティにあります。

しかし、独創性がなければその作品はどこかで見たようなものになるはず。

「このビーズ作家さんのデザインが好き!」

「このビーズ作家さんの作品がほしい」

そう思ってもらえるようなオリジナリティのある作品を作れる人が、ビーズ作家に向いています。

ビーズ作家は、ただビーズ作品を作ったら良いという訳ではありません。

作品を販売するには、お客様とのコミュニケーションが必要。

対面であってもインターネット販売であっても同様です。

いくら作品を気に入っても、売っている人とのやり取りで不快な思いをしたら、リピートはありません。

お客様に気持ちよく買い物をして「また買いたい」と思ってもらうには、コミュニケーションが必要です。

自分が何か購入する場合も、質問に丁寧に答えたり希望に沿ったものをおすすめしたりしてもらうとうれしいですよね。

コミュニケーション能力が高い人は、ビーズ作家としても魅力的です。

完全に趣味の範囲で、時々ビーズ作品を販売する程度の人も居るでしょう。

しかしせっかくビーズ作家として活動するのであれば、作品を継続して販売するのが重要です。

作品が完売したとしても、月2回など定期的な販売を続けていれば作品を楽しみに待ってくれるお客様が増えて行きます。

飽きっぽい人よりも、継続できる人の方がビーズ作家には向いています。

ビーズ作家の代表的な資格を紹介

ビーズ作家になるために必須の資格はありませんが、ビーズ作家としての知識や技術を認定する民間資格は多数あります。

ここでは代表的なものをご紹介しますね。

5-1ビーズアーティスト資格

『ビーズアーティスト資格』は、日本能力開発推進協会(JADP)が認定する民間資格です。

協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練を受けて、その全カリキュラムを修了すると受験資格が得られます。

ビーズアーティスト資格の試験では、ビーズアートに関する知識・技術が問われます。

5-2ビーズアーティスト

『ビーズアーティスト』は、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する民間資格です。

特に受験資格はなく、隔月で行われる試験は誰でも在宅受験できます。

ビーズアーティストの試験では、天然石の特徴や効果などから実際のアクセサリー作りの技術まで幅広い知識が必要です。

5-3ビーズアクセサリーデザイナー

『ビーズアクセサリーデザイナー』は、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する民間資格です。

特に受験資格はなく、隔月で行われる試験は誰でも在宅受験できます。

ビーズアクセサリーデザイナーの試験では、材料・道具などの基礎知識から技術、販売に至るまで幅広い知識が必要です。

おすすめはどの資格?

ここで紹介した以外にも、ビーズアクセサリー関連の資格は多数あります。

その中でもおすすめしたいのが、こちらの資格!

6-1ビーズアーティスト

『ビーズアーティスト』の資格は、誰でも受験可能です。

思い立ったタイミングで受験できるのはうれしいですよね。

ビーズアーティストは天然石など何かのジャンルに特化した物ではなく、ビーズアクセサリー作りに関する幅広い知識を必要とする資格。

ビーズ作家として活動する際には、基礎をしっかりと身につけている証明になります。

またビーズアーティストは講師資格のため、取得後には講師としての活動も可能です。

ビーズ作家を目指すのであれば、取得しておくと有利な資格と言えるでしょう。

受験資格がないためもちろん独学でも学べますが、ビーズアクセサリー作りの基礎は案外独学では分かりにくいものです。

専門のカリキュラムに沿って学習をした方が、実際の作品作りにも役に立ちます。

通学でしっかりと技術を学ぶのがもっとも身につきますが、通信講座ならば試験免除で資格取得ができるコースもあり、おすすめですよ!

ビーズアーティスト
https://www.jpinstructor.org/shikaku/beadsaccessori/

おすすめ資格講座はココ!

『ビーズアーティスト』の資格を取得するのにおすすめの通信講座がこちら!

どちらも試験免除で資格取得が可能なコースが用意されているため、忙しい人でも大丈夫ですよ!

7-1ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

『ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座』は、諒(りょう)設計アーキテクトラーニングの通信講座です。

この講座では、『ビーズアクセサリーデザイナー』『ビーズアーティスト』2つの資格が同時に取得できます。

通信講座で、本当にビーズアクセサリーが学べるの?と思うかもしれません。

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座は、初心者でも分かりやすいテキストが人気。

道具や天然石などについての知識が得られる他、しっかりと技術も身につくようなカリキュラムになっています。

忙しい毎日でも、1日たった30分の学習ならどうにかなりそうですよね?

このペースでも約半年で修了できるようになっているため、始めやすいのではないでしょうか。

短期間で頑張りたい場合は、最短2ヶ月での資格取得も可能です!

進め方も自分で決められるのが助かりますね。

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座には、大人気の『スペシャル講座』があります。

スペシャル講座には、基本講座と同じ5回の添削課題に加えて1回の卒業課題があるのが特徴。

この卒業課題をクリアしてコースを修了するだけで、自動的に『ビーズアクセサリーデザイナー』『ビーズアーティスト』2つの資格が手に入るのです!

2つの試験を受けなくても良いのは、時短にもなり助かります。

ビーズ作家を目指すのであれば、役立つ資格をスペシャル講座で確実に取得するのがおすすめです!

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座

基本講座 試験対策
添削課題5回
受講料:59,800円(税込)
スペシャル講座 資格保証付
添削課題5回+卒業課題1回
受講料:79,800円(税込)
ビーズアクセサリーデザイナー資格取得講座
諒設計アーキテクトラーニング
ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座

7-2ビーズアクセサリー資格取得講座 | SARAスクールジャパン

『ビーズアクセサリー資格取得講座』は、SARAスクールジャパンの通信講座です。

この講座を受講すると、『ビーズアクセサリーデザイナー』と『ビーズアーティスト』の2資格がどちらも取得できます。

1つの講座で2つも資格が取得できるのは、かなり魅力的ですよね。

これらの資格は必要な知識が共通する部分も多く、余計な勉強が必要ないので効率的です。

ビーズ作家として活動する際に役立つ知識や技術が、しっかりと身につきます。

通信講座が人気の理由は、自分の生活の中で無理なく学習を進められるから。

SARAスクールジャパンは特に女性に人気の通信講座で、初心者でも分かりやすいカリキュラムと丁寧なフォローが魅力です。

仕事や育児などで忙しいと、週にたった1回のスクール通いでも難しい場合が多いですよね。

ビーズアクセサリー資格取得講座なら、1日30分の学習を続けると約半年でカリキュラムが終えられます。

毎日のスキマ時間を活用して資格が取得することで、将来へ向けての一歩を今すぐ踏み出せますよ!

しっかりと学習時間が確保できる場合は、最短で2ヶ月での修了も可能です。

自分のペースに合わせて、ゆっくりでもスピーディーでもOK!

通信講座ならではですね。

ビーズアクセサリー資格取得講座には2つのコースが用意されていますが、おすすめは『プラチナコース』。

このコースは資格保証付のコースで、修了と同時に『ビーズアクセサリーデザイナー』と『ビーズアーティスト』の2資格が取得できます。

基本コースよりも受講料は高いですが、差額は各資格の受験料と同じ。つまり余計な費用はかからないのに、試験が免除になるのです!

卒業課題1回がプラスされるだけのため、受験の手間や労力を考えても断然プラチナコースですよね!

自信を持っておすすめします。

ビーズアクセサリー資格取得講座

基本コース 試験対策
添削課題5回
受講料:59,800円(税込)
プラチナコース 資格保証付
添削課題5回+卒業課題1回
受講料:79,800円(税込)
ビーズアクセサリー資格取得講座
SARAスクールジャパン
ビーズアクセサリー資格取得講座