日本インストラクター技術協会

ペットシッター資格コラム01_ヘッド画像
ペットシッターアドバイザー

ペットシッターになるにはどうすればいい?必要な資格や仕事内容を紹介

近年、ペットを飼う方が増加しています。

そんな中、需要が高まっているのがペットシッターの仕事です。

ペットシッターになりたいけど、どうしたらなれるのかわからない方は多いのではないでしょうか。

そんな方のために、ペットシッターになるための方法や資格取得方法のほかにも、気になる仕事内容や活躍分野も紹介します。
ペットシッターになるにはどうすればいい?必要な資格や仕事内容を紹介

目次

ペットシッターとは?

仕事や旅行に行くときに、ペットのお世話をどうするか困ります。

このような場合にペットシッターは、家を留守にする場合に飼い主の代わりにペットのお世話をします。

ペットホテルも同じような役割を果しますが、ペットシッターと違う点があります。

ペットホテルの場合、暮らし慣れた家ではないため、ペットにストレスが溜まってしまうことも多いです。

一方でペットシッターは、自宅でお世話をするため、ペットが普段通りの生活が可能になります。

そのため、ペットにとっても負担が少ないです。

近年、ペットへの負担が大きいペットホテルの利用を避ける飼い主が増えており、ペットシッターの需要が増加しているのが現状です。

さらに、ペットシッターと似た仕事として、ドッグシッターやドッグトレーナーが挙げられます。

犬を専門にするドッグシッターやドッグトレーナーと違い、ペットシッターはさまざまな種類の動物のお世話をします。

その分、たくさんの生物についての知識やスキルが求められるため、深く身につけておくことが大事です。

ペットシッターになるにはどうしたら良い?

ペットシッターはお世話だけでなく、さまざまな仕事をこなさなければなりません。

そのため、多くの違いとスキルを身につけておく必要があります。

ペットシッターに必要な主な知識は下記の通りです。

・動物びついての幅広い知識
・ペットのお世話や老犬介護についての知識
・魚類や両生類などについてに飼育管理の知識
・飼い主との信頼関係を築くための知識
・トリミングの知識や経験
・しつけのトレーニングの知識や経験
・ペットホテルについての知識

動物についての知識はもちろん、ペットホテルやペットシッターについての専門的な知識も身に付けなければなりません。

このような多くの知識を身につけるためには、どのような方法があるのでしょうか。

勉強方法を詳しく見ていきましょう。

2-1専門学校に通う

専門学校では、ペットシッターについての知識や経験が豊富な講師がいます。

分からないところも、直接指導を受けることが可能です。

カリキュラムや授業の方法は学校によって異なるため、自分に合った学校を選ぶことが重要になります。

2-2通信講座

仕事や子育てでなかなか時間が取れないという方には、通信講座で勉強する方法があります。

通信講座は、基本的に在宅で勉強をするため自分のペースで進められます。

プロの方が作成したカリキュラムや教材があり、質問などにも答えてもらえるので安心です。

2-3独学で学ぶ

ペットシッターに必要な知識は、独学でも習得が可能です。

書店には、ペットシッターに関する書籍があります。

またネットでの検索によっても、基本的な知識も勉強ができます。

独学では、自分の好きな時間に勉強が可能で、お金があまりかからないのがメリットです。

しかし、分からないところがあっても、ご自身で解決しなければなりません。

本格的にペットシッターになろうと思うのであれば、独学で得た知識では不十分です。

専門学校や通信講座で、しっかりと学ぶ必要があります。

ペットシッターの仕事内容とは?活躍できる分野を紹介

ペットシッターの仕事内容とは?活躍できる分野を紹介

ペットシッターになりたいけど、どんな仕事をするのか、活躍できる分野はあるのか気になると思います。

3-1ペットシッターの仕事内容

ペットシッターは主に下記のような仕事があります。

・ペットのご飯を用意
・お散歩
・一緒に遊ぶ
・トイレの掃除
・お手入れをする
・健康のチェックをする
・爪切りや歯磨きをする
・しつけのトレーニングをする

ペットシッターは、飼い主が留守の間に自宅でペットのお世話をします。

カウンセリングを行い、ペットの食事やお散歩コースなどを確認します。

そして、ペットシッターが気を付けておかないといけないのが、飼い主とのトラブルです。

主によくあるトラブルが下記になります。

・お世話がきちんとできていない
・ペットがケガをしてしまった
・不要なところまで立ち入り
・盗難

トラブルを回避するには、まず信頼関係を築く必要があります。

まずは、打ち合わせをしっかりとしておきましょう。

このようにペットシッターは、飼い主との信頼関係が難しく慎重な作業が求められます。

また、ペットが懐いてくれず、ペットシッター自身が怪我をしたりすることもあります。

長時間の依頼や大型連休の依頼があるため、空けておかなければなりません。

このように、ペットシッターの仕事は大変なことが多いです。

しかし、それ以上に魅力がたくさんあります。

・さまざまな種類の動物と触れ合える
・預かったペットが心を開いてくれたときに喜びを感じる
・困っている飼い主を助けられる

このようにとてもやりがいがある仕事です。

3-2ペットシッターが活躍できる分野

ペットシッターの知識があれば、さまざまな働き方ができます。

・派遣会社に登録して働く
・企業または店舗に就職する
・自分で開業する

では、ペットシッターの活躍分野について詳しく見ていきましょう。

派遣会社に登録して働く

ペットを飼う方が増えていると同時に、需要が増してきているのが、ペットシッター専門の派遣会社です。

派遣会社での働き方は下記の通りです。

お客様からの依頼で派遣される

ペットシッターのお店などに派遣される

近年では、ペットシッター専門の派遣会社に登録する方も多いです。

企業または店舗に就職する

ペットシッターとして働きたい場合、企業や店舗に就職するという方法があります。

正規社員、アルバイト、パートなど、雇用形態はさまざまです。

大手企業になると、ペットシッターとしてだけでなく、事務や営業職として採用される場合もあります。

お客様からの依頼があったときのみ働くという登録制のお店も多いです。

ペットシッターの多くは、アルバイトやパートで働いており、時給は900~1,500円程度が一般です。

狭き門ではありますが、正社員などで働く場合、月収では15~30万円程度が一般です。

また、ペットサロンやペットショップの社員として就職する方法もあります。

自分で開業する

ペットシッターとしての知識を身に付けることにより、自分で開業することも可能です。

開業するには、下記のような準備が必要になります。

・開業のための資金を貯める
・第一種動物取扱業者としての登録する
・開業届を提出する
・サービスや宣伝など集客方法を考える
・幅広い知識とスキルを身に付ける
・資格を取得しておく
・コンセプトを決める
・料金を設定する
・ペットシッター保険に加入する

このように、開業をするにはしっかりとした準備をしておかなければなりません。

また、開業する場合は個人なのか、フランチャイズなのかでも働き方が変わってきます。

個人開業とフランチャイズのメリットとデメリットについても見ていきましょう。

・個人で開業

 料金設定が自由に決めれるなど、自分のペースで計画を立てられるのがメリットです。

 ただ、誰かにノウハウを教えてもらうことが難しいため、全てを自分だけの力で行わなければなりません。

・フランチャイズ

 ある程度のノウハウは教えてもらえます。ただし、フランチャイズ料を支払わなければなりません。

 売上に関係なく必要なので、しっかりと集客ができていないと、経営は難しいと言えるでしょう。

 個人で開業すると、収入は一定ではありません。

 開業をしたいと考えているのなら、知識やスキル以外にも、資金や手続きがいることを覚えておきましょう。

ペットシッターに向いている人

ペットシッターに向いている人

ペットシッターとしての知識やスキルがあっても、それだけでは難しい仕事です。

では、ペットシッターにはどんな方が向いているのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

4-1動物が好きな人

動物が相手の仕事なので、動物が好きな気持ちは大事です。ペットと言っても、犬や猫だけではありません。

ハムスターなどの小動物や爬虫類のお世話も依頼される場合があります。犬や猫だけでなく、動物全般が好きな方のほうが向いています。

4-2お世話が好きな人

ペットシッターは、預かったペットと遊ぶだけではいけません。

ご飯の用意やトイレなど身の回りのお世話をする必要があります。

ただ、動物と触れ合いたいという気持ちだけでなく、動物の身の回りのお世話もきちんとできる方が向いています。

4-3責任感がある人

ペットシッターは飼い主が留守中にペットのお世話を任されます。

そのため、飼い主の自宅の鍵を預かることになります。

家を綺麗に使い、不要な場所まで立ち入らないなどセキュリティ面でも慎重にならなければなりません。

また、ペットの命も預かるといった意識も必要です。

最後まで責任をもって、お世話をする必要があります。

4-4コミュニケーション能力がある人

ペットシッターには、コミュニケーション能力も必須です。

ペットの生活習慣やエサの種類、自宅について把握しておく必要があります。

飼い主ときちんとコミュニケーションをとり、信頼をしてもらうことが大事です。

4-5愛情がある人

動物のは、さまざまな性格があります。

人懐っこい性格や臆病な性格などさまざまなです。

言うことを聞かない、凶暴で吠えたり噛んだりする場合もあります。

どんな動物でも、根気強く、愛情をもって接することが大切です。

ペットシッターの代表的な資格

ペットシッターとして仕事をするには、動物に関する知識やスキルが必要です。

資格を取得と下記のようなメリットがあります。

・就職に有利
・スキルを磨ける
・ペットのお世話が上手になる

資格を取得すると、知識やスキルを身に付けている証明にもなります。

お客様からの信頼を得るためにも、資格を取得しておいたほうが良いでしょう。

では、ペットシッターの代表的な資格について紹介していきます。

5-1ペットシッターアドバイザー

日本インストラクター技術協会が主催する資格です。

ペットシッターの基礎知識はもちろん、サービスの提供や仕事内容、業務の進め方などについて学べます。

5-2ペットホテルソムリエ

日本生活環境支援協会が主催する資格です。

ペットホテルを開業するために、必要な知識やお客様との関わり方について習得する必要があります。

5-3ペットシッター士

特定非営利活動法人日本ペットシッター協会が主催する資格です。

ペットシッターの基礎知識や開業に必要な知識などを習得する必要があります。

5-4認定ペットシッター

ペットシタースクールが主催する資格です。

ペットシッターの業務についてや飼育の仕方などを習得する必要があります。

とくにおすすめの資格は?

上記のように、ペットシッターになるための資格はたくさんあります。

その中でも、ペットシッターアドバイザーがおすすめの資格です。

ペットシッターアドバイザーは、下記のような知識を習得する必要があります。

・ペットシッターに必要な基礎知識
・ペットシッターのサービス提供について
・ペットシッターの仕事内容
・ペットシッターの業務の進め方など

このように、本格的にペットシッターとして仕事をする上で、大切な知識を身に付けられます。

ペットシッターアドバイザー
https://www.jpinstructor.org/shikaku/petsitter/

「ペットシッターアドバイザー」の資格が取得できるおすすめ講座

資格を取得するには、専門学校などに通わなければいけない場合が多いです。

しかし、忙しくて時間がないという方は学校に通うのは難しいです。

そうなると、資格を取得するのは無理なのでは、などと諦めてしまっている方もいると思います。

そんな方に、おすすめなのが通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座です。

それぞれの通信講座の特徴を見ていきましょう。

7-1ペットシッターアドバイザーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングのペットシッターアドバイザーW資格取得講座はペットシッターに必要な知識について学習できます。

さらに通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニングは下記のような特徴があります。

・2ヶ月という短い期間で資格の取得ができる
・ペットシッターアドバイザーとペットホテルソムリエの資格が同時に取得できる
・課題を提出すれば必ず資格が取得できる

このように、初めての方でも在宅で資格の取得が目指せる人気の講座です。

諒設計アーキテクトラーニングでは、2つのコースから選択可能です。

基本講座

基本講座は初期費用を抑えたい方におすすめです。

受講料・・・59,800円
受講期間・・・6ヶ月
添削回数・・・5回

自分で試験の申し込みをして受験します。

受験費用は、10,000円です。

スペシャル講座

スペシャル講座は、確実に資格を取得したい方におすすめです。

受講料・・・79,800円
受講期間・・・6ヶ月
添削回数・・・5回+卒業課題1回

受講課題を提出するだけで、資格が取得できます。

試験料金はかかりません。

それぞれ特徴が違うので、自分に合った講座を選んでください。

ペットシッターアドバイザー資格取得講座
諒設計アーキテクトラーニング
ペットシッターアドバイザーW資格取得講座

7-2ペットシッター資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールのペットシッターの通信講座・通信教育では、ペットシッターに関する知識を学べます。

さらにSARAスクールには下記のような特徴があります。

・1日30分で資格取得が目指せる
・完全オリジナル教材で誰でも理解できる
・プラチナコースならペットシッターとペットホテルソムリエの資格を同時に取得できる

時間がないという方でも資格の取得が目指せます。

SARAスクールジャパンでは、2つのコースから選びます。

それぞれのコースの特徴をまとめたので、見ていきましょう。

基本コース

基本コースは初期費用を抑えたい方におすすめです。

受講料・・・59,800円
受講期間・・・6ヶ月
添削回数・・・5回

自分で試験の申し込みをして受験します。

受験費用は、10,000円です。


プラチナコース

プラチナコースは、確実に資格を取得したい方におすすめです。

受講料・・・79,800円
受講期間・・・6ヶ月
添削回数・・・5回(卒業課題+1回)

受講課題を提出するだけで、資格が取得できます。

試験料金はかかりません。

それぞれ特徴が違うので、自分に合ったコースを選んでください。

ペットシッター資格取得講座
SARAスクールジャパン
ペットシッター資格取得講座

ペットシッターは、専門的な知識が必要になるため、身に付けるのがとても難しいものです。

本格的にペットシッターとして仕事していく際に、ペットシッターアドバイザーの資格は、取得しておきたい資格です。

忙しいという方でも、諒設計アーキテクトラーニングとSARAスクールの通信講座ならしっかりと取得できるカリキュラムがあります。

基礎から学べて、確実に身に付けられるので安心です。

是非、ペットシッターアドバイザーの資格取得を目指してみてください。