日本インストラクター技術協会

キャンドル資格コラム01_ヘッド画像
キャンドルアーティスト

キャンドル作家になるには?必要な資格や仕事内容を解説

・「キャンドル作家になる為には何からはじめたら良いの?」

・「キャンドル作家とはどのような仕事?」

当記事では、上記のような疑問を解決していきます。

【内容をまとめると】

・キャンドル作家は、インテリアとしてキャンドルを扱うアーティストである

・キャンドル作家として学習する方法には、専門学校・独学・通信講座などの方法がある

・キャンドル作家としての知識を証明する為のおすすめ資格は「キャンドルデザイナー」資格

・通信講座会社の、諒設計アーキテクトラーニング・SARAスクールジャパンでは「キャンドルデザイナー」資格と「キャンドルアーティスト」資格の2資格を最短2か月で取得可能!

それでは、早速見ていきます。
キャンドル作家になるには?必要な資格や仕事内容を解説

目次

キャンドル作家は、インテリアとしてキャンドルを扱うアーティスト

キャンドル作家とは、別名キャンドルデザイナーとも呼ばれる、蝋燭を作品として扱う職業の総称です。

一口に蝋燭と言っても、デザインの違いや、色の違い、そして中にはアロマを配合した商品まであり、大変奥の深い世界といえます。

そんなキャンドル作家の主な業務は、キャンドルのデザイン考案と製作・販売等です。

昨今では、キャンドルの優しい光にはヒーリング効果があることが証明され、リラクゼーション目的やインテリア目的に購入する方が増加傾向にあります。

それに伴い、キャンドル作家の仕事は多様化し、イベントやワークショップの出店、講師として講演会への参加など活躍の場が広がっています。

この事から、キャンドル作家は、キャンドルを作成するとともに、キャンドルの魅力を様々な人に伝える仕事であると言えるでしょう。

キャンドル作家になる方法【専門学校・独学・通信どれがいい?】

キャンドル作家になる為には、特別な資格は必要ありません。

しかし、火を扱うという製品の特性上、キャンドル作家としての正しい知識を身に着ける必要があるでしょう。

キャンドル作家として、正しい知識を身に着ける方法は、大きく分けて下記の3つの方法があります。

【キャンドル作家について学ぶ方法】

・専門学校
・独学
・通信講座

それぞれ、詳しく解説していきます。

2-1専門学校

キャンドル作家として正しい知識を身に着ける1つ目の方法は、専門学校に通うという方法です。

キャンドルに関する資格が取得できる専門学校では、キャンドル作家を育成する為のカリキュラムを組んだコースがあります。

専門学校のメリットは、プロの講師から直接実践的な知識を学べるという点です。

実技も充実しているので、確実にキャンドル作家としての実力をつけられます。

しかし、その一方で、専門学校は時間がない方が通学するのは難しいというデメリットもあります。

時間のある学生さんであれば、専門学校への通学も苦ではないかもしれませんが、本業の空き時間にキャンドル作家としての実力を身に着けたい方は、育児の合間に勉強したい方には適していない方法と言えるでしょう。

2-2独学

2点目の方法は、独学で学習するという点です。

昨今では、様々なサブカルチャーの雑誌や専門書が普及しているので、キャンドルの取り扱い方や、デザインの方法等を独学で学習する事も可能でしょう。

キャンドルの歴史や作り方については、ネットで無料でも知れる時代である為、お金をできるだけかけたくない方に、おすすめの方法です。

しかし、独学での学習方法は習得までに膨大な時間がかり、実践的な知識が身につくまでに、かなりの時間を要してしまうでしょう。

いつかキャンドル作家になれたらいいな程度の思いであれば、独学でも構いません。

しかしキャンドル作家として本業や副業で活躍していきたいのであれば、おすすめの方法とは言えません。

2-3通信講座

最後に挙げられる方法は、通信講座を用いた学習方法です。

通信講座は、自宅で1日30分という短時間からスタートできる学習方法と言えるでしょう。

決まった時間に学習する必要もない為、本業や家事育児の片手間で学習出来ます。

費用も、専門学校と比較すると比較的リーズナブルです。

時間も手間もお金も抑えながら、賢く学習したいのであれば、通信講座がおすすめであると言えます。

キャンドル作家の仕事内容と活躍分野

キャンドル作家の仕事内容と活躍分野

それでは、キャンドル作家としての実力を身に着けたら、どのような業界で活躍できるのでしょうか。

下記に、活躍が期待できる業界や、仕事の内容をまとめましたので、是非参考にしてみてください。

3-1キャンドルショップとして開業(独立)

キャンドル作家として確かな技術や知識を身に着けると、独立してキャンドルショップの開業も可能です。

キャンドルはアロマセラピーとも深い関係がある為、最初はセラピー関係の商品を扱うショップに商品を置かせてもらうのも良いかもしれません。

最近では、フリマアプリやオークションで自身の作品を販売して副収入を得ている方も多いようです。

まずは副業としてスタートし、手ごたえを感じたら独立開業してみると良いでしょう。

3-2講師として活躍

キャンドルに関する知識が豊富であれば、次世代のキャンドル作家を育成する講師等、指導者側の仕事も可能です。

人気の講師であれば、講師活動のみで食べていく事も夢ではありません。

まずは、街のワークショップ等で講師活動を開始する等すると良いでしょう。

3-3ワークショップやキャンドル教室

キャンドル作家になると、ワークショップや、自宅の一部を改装したキャンドル教室を開講できます。

キャンドル教室には、特別な設備や機器も必要がない為、初期費用も比較的かからず、リスクなく教室をスタートできるでしょう。

また、キャンドル作り等の、適度に手を動かすワークショップは老人ホーム等の介護施設のワークショップとしても人気です。

いくつかの介護施設でワークショップを行うフリーのキャンドル作家となれば、安定した収入が期待できるでしょう。

キャンドル作家適性チェック!自身に適性があるか確認してみよう。

キャンドル作家適性チェック!自身に適性があるか確認してみよう。

ここまで、キャンドル作家へのなり方や仕事内容について解説していきました。

キャンドル作家は、一朝一夕でなれる簡単な職業ではありません。

また、せっかくキャンドル作家になっても、すぐに大成功を収めるのはごく一握りの人間で、最初は副業程度にしか活躍できない事もあるでしょう。

そんな厳しい業界であるからこそ、キャンドル作家を目指すためにはある程度の適性が必要です。

そこで、この項ではキャンドル作家適性チェックを作成しました。

ご自身にキャンドル作家としての適性があるかどうかを、まずはチェックしてみましょう。

【キャンドル作家適性チェック】

・キャンドルが好き
・モノ作りが好き
・アロマやリラクゼーションに興味がある
・センスがあるほうだ
・仕事のみではなく、個人的にもキャンドルを生活に活かしたい
・キャンドルの魅力を伝えたい
・新しい知識を取り入れる事が苦ではない

上記の1つにでも該当するのであれば、キャンドル作家としての適性があると考えて良いでしょう。

キャンドル作家を目指すのに当たって、最も大切な事がキャンドルに対する興味です。

一口にキャンドル作りと言っても、キャンドル作りの起源からデザインの方法、リラクゼーション効果を与えるアロマの配合法等、学ぶべきことは多岐に渡ります。

この為「何となくスキルを身に着けたいから」「おしゃれだから」という漠然とした理由で学習を続けていく事は非常に難しいでしょう。

また、キャンドル作りにアロマは欠かせないため、アロマについての興味関心もあるに越した事はありません。

他にも、キャンドルをはじめとしたインテリアの業界は、常に新しい効果やデザイン等の斬新さを求めます。

この為、常に新しいキャンドルの知識や技術を学習していける真面目さも必要な適性と言えます。

しかし、適性チェックに多く該当する方は、これらの困難も苦に感じる事無く乗り越えられるでしょう。

適性があるかもしれない、と感じた方は、是非キャンドル作家の道を目指してみてください。

キャンドル作家の代表的な資格

続いて、キャンドル作家の代表的な資格について解説していきます。

上の項で、キャンドル作家になる為には、特別な資格は必要ないと申し上げました。

しかし、キャンドル作家として得た知識や技術を、仕事や副業として活かしたいと考えているのであれば、資格があるのに越したことはありません。

キャンドル作家の代表的な資格は、一定以上の知識や技術を有している証明にもなる認定資格です。

仕事としてキャンドル作家を目指したい方は、是非資格の取得を検討してみましょう。

下記に、代表的な資格をまとめましたので、是非参考にしてください。

5-1キャンドルインストラクター(JCA認定)

キャンドルインストラクター資格は、日本キャンドル協会が主催する認定資格です。

JCA認定のこちらの資格は、プロのアーティストを目指す資格というより、次世代の育成をおこなうプロのインストラクターになる為の資格と言えるでしょう。

資格取得には、筆記試験の他に、実技試験の合格が必要です。

5-2キャンドルアーティスト(JIA認定)

キャンドルアーティスト資格は、日本インストラクター技術協会が主催する認定資格です。

キャンドル作りに必要な素材の選定方法をはじめ、制作方法のノウハウについて学べます。

資格取得後には、キャンドル作りの一定レベル以上の基礎知識が得られるため、講師としての活動もできるでしょう。

5-3キャンドルデザイナー

キャンドルデザイナー資格は、日本デザインプランナー協会が主催する資格です。

資格取得者は、キャンドルの制作に関する基礎知識・基礎技術が一定以上である事を証明できます。

実技はありませんが、キャンドルの種類ごとの作成方法や、制作工程について詳しく学習可能です。

キャンドル作家になる為にはどの資格がおすすめか

キャンドルに関する知識を学べる資格は数多くありますが、キャンドル作家になりたい方に最もおすすめな資格は、日本デザインプランナー協会の「キャンドルアーティスト」資格です。

下記に、キャンドルアーティスト資格がおすすめな理由をまとめましたので、是非参考にしてください。

【キャンドルアーティスト資格がおすすめな理由】

・キャンドル制作に必要な基礎知識が学習できる
・キャンドル作り初心者からでも挑戦できる
・資格試験が2ヶ月に1度の頻度で開催されている
・通信講座で取得できる
・在宅受験
・最短2か月で取得可能

キャンドルデザイナー資格は、キャンドル作りに必要な基本的な知識を在宅で学習できます。

学習から資格試験に至るまで、全て在宅で行える為、外出する時間が取ればい方でも安心して挑戦できるでしょう。

また、資格試験の開催頻度も2ヶ月に1回と非常に高く、今からでも挑戦できるのも魅力です。

最短2ヶ月で取得できる資格なので、是非この機会に挑戦してみてください。

キャンドルアーティスト
https://www.jpinstructor.org/shikaku/candle/

キャンドルアーティスト資格が取得できるおすすめ資格講座

通信講座会社の諒設計アーキテクトラーニングと、SARAスクールジャパンでは、キャンドルアーティスト資格を効率よく取得できる資格講座を開講しています。

いずれの資格も初心者から挑戦できる資格なので、是非挑戦してみてください。

7-1キャンドルデザイナーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングは、通信講座の「わかりやすさランキング」や「品質評価」等で第一位を獲得した実績のある、資格講座会社です。

1日30分という短い時間から資格取得を目指せるので、仕事や家事でまとまった時間をとれない方にもおすすめと言えます。

そんな諒設計アーキテクトラーニングでは、キャンドル作家として必要な知識が得られる「キャンドルデザイナー」資格と「キャンドルアーティスト」資格の2資格を同時取得できる「キャンドルデザイナーW資格取得講座」を開講してます。

自宅にいながら最短2か月で2つの資格を取得できるので、効率良く学習したい方に大変おすすめです。

講座は全部で2種類あります。

下記に、それぞれの特徴をまとめましたので、是非参考にしてください。

・基本講座・・・学習→添削→卒業を経て資格試験に挑む試験対策講座
・スペシャル講座・・・学習→添削→卒業課題の提出を経て、試験免除で資格が進呈される講座

スペシャル講座は、資格協会の認定通信講座である諒設計アーキテクトラーニングならではの特別なコースです、

効率良く、そして確実にキャンドル作家に役立つ資格を取得したい方は、是非スペシャル講座をご検討下さい。

  基本講座 スペシャル講座
費用 59,800円 79,800円
取得期間 6ヶ月(最短2ヶ月) 6ヶ月(最短2ヶ月)
キャンドルデザイナー資格取得講座
諒設計アーキテクトラーニング
キャンドルデザイナーW資格取得講座

7-2キャンドル資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンは、女性に選ばれる通信講座で、家事や育児で忙しい女性でも、1日30分から資格取得を目指せるカリキュラムが組まれています。

プロが監修した解りやすいオリジナルテキストを採用している為、初心者からでも安心して資格取得を目指せるでしょう。

そんなSARAスクールジャパンでは、現在「キャンドルデザイナー」資格と「キャンドルアーティスト」資格の2資格を同時取得できる「キャンドル資格取得講座」を開講しています。

コースは、初級編・中級編・上級編の3部構成されており。初級編では、キャンドル作りの歴史・作成に必要な道具についてを学びます。

次に中級編では、キャンドル作りの技法や、美しいラッピング方法、オリジナルキャンドルを作成する上での注意点についてを学習します。

最後に上級編では、ディナーキャンドルの作成方法や、贈り物に最適なキャンディーキャンドル等の実践的な知識を学べる構成です。

講座は二つあり、初期費用を抑えた基本的なコースの他に、資格試験が免除されるプラチナコースもあり、卒業と同時に資格の取得が可能となっています。

下記にそれぞれのコースの概要をまとめましたので、是非参考にしてください。

  キャンドル基本コース キャンドルプラチナコース
費用 59,800円 79,800円
取得期間 最短3ヶ月 最短2ヶ月
資格試験 必要 不要(卒業課題提出で免除)
教材内容 ガイドブック
受講証
受講カード
学習テキスト01
学習テキスト02
練習問題集/解答
添削課題5回分
質問用紙
封筒
ガイドブック
受講証
受講カード
学習テキスト01
学習テキスト02
練習問題集/解答
添削課題5回分
質問用紙
封筒
卒業課題

資格試験に落ちる事が不安な方や、短期間で資格を取得したい方は、是非キャンドルプラチナコースを検討してみてください。

キャンドル資格取得講座
SARAスクールジャパン
キャンドル資格取得講座