日本インストラクター技術協会

アロマオイル士
美容・健康・ボディケアの資格

アロマオイル士

アロマオイル士

アロマオイル士

美容とアロマに関して、ある一定以上の知識を持っている人に認定される資格です。プロとして販売に携わったり、お客に様々なアドバイスをしたりするなどをしています。資格取得後は、インストラクターとして個人で活動したり、教室を開いたりすることができるなど、幅広い活動ができます。アロマを楽しみたい人、より良い生活を求め、ライフスタイルを充実させたい方にオススメです。また最近では男性の割合も増えてきています。
自身のためだけでなく、共通の趣味を持つ方たちと、技術を高めあい、アロマに関して興味がある方たちに、教えていくことを目的としています。
資格取得後は、様々な知識を利用して講師活動ができます。

アロマオイル士資格検定試験概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価

動画でわかる!
アロマオイル士
資格

資格検定試験実施日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送り下さい。

次回検定試験日程
試験期間
2021年12月20日〜25日
受験申込み期間
2021年11月1日〜30日

資格コラム

アロマオイルについて
アロマオイルについて

リラックス効果がある人気のアロマオイル。アロマオイルは、植物の葉、花、樹皮、樹脂などから有効成分を抽出して作られるエッセンシャルオイルのことです。アロマオイルには、オレンジ・グレープフルーツ・レモンなどの柑橘系、ラベンダー・ローズ・ジャスミンなどのフローラル系、ペパーミント・ローズマリーなどのハーブ系、サンダルウッド・ベチバーなどのエキゾチック系、ユーカリ・ローズウッドなどの樹木系、フランキンセンス・ベルゾインなどの樹脂系、シナモン・ジンジャー・ブラックペッパーなどのスパイス系の7種類に分けられます。
アロマオイルを楽しむ方法として、アロマを拡散して香りを楽しむ芳香浴法、アロマの入ったお湯に全身または体の一部を付ける沐浴法、アロマ成分をお湯に数滴たらして、湯気を鼻や口から吸入したり、蒸気を顔に浴びるフェイシャルスチーム、温めたタオルにアロマオイルを数滴たらして直接体にあてる湿布法、アロマを薄めて作ったトリートメントオイルを身体や顔に塗布するトリートメント法などがあります。また、アロマが入った蝋燭に火を灯し、アロマキャンドルとして楽しむ方法もあります。アロマの種類や効能を理解することで、様々なリラックス効果や効能を得ることができます。

アロマキャンドルについて
アロマキャンドルについて

アロマキャンドルは、エッセンシャルオイルをロウに混ぜて作られ、火を灯すことで香りが漂う蝋燭です。近年は雑貨屋や専門店などで、様々な香りやオシャレな物、可愛い形の物があり、手軽に購入できるとリラックスアイテムです。
アロマキャンドルには、森林で発生するマイナスイオンの4倍ものマイナスイオンを発生する性質があったり、空気中の臭いの微粒子を燃焼した消臭効果、温かみのある蝋燭の炎の色で副交感神経を刺激して集中力を高める効果などが期待できます。また、アロマキャンドルには様々な香りがあり、リラックスしたい時にはラベンダーやスイートピーの香り、気持ちをスッキリした時にはバニラやラベンダーローズの香り、気分転換したい時にはオレンジやグレープフルーツの香りなど、気分や用途によって様々な香りによって効能が期待できます。また、アロマキャンドルに使用されるロウの素材には、ミツバチの巣から精製されたミツロウ、大豆オイルから水素化合して作ったロウ、パーム油からロウなど、数種類あります。使用方法は簡単で、キャンドルに火を灯して火の大きさが3~4cmくらいになるように芯の長さを調整するのが良く、大体2時間程付けたら15分程時間を空けるように使用するのが安全に使える使い方です。アロマキャンドルをより効果的に使用する為の知識を身に付けて様々なシーンに活用されてみてはいかがでしょうか。

その他の資格