日本インストラクター技術協会

タイ古式整体士
美容・健康・ボディケアの資格

タイ古式整体士

タイ古式整体士

タイ古式整体士

タイ古式整体士として、タイ古式整体に関するさまざまな知識を有していることが認定されます。
ハーブボールやホットストーンの扱い方、実際に開業した際の接客時の注意点などに関する知識を有していることも証明されます。
タイの古式ボディヒーリングに関して、実際の施術の方法や注意点、使う道具など、一定の知識を有していることも証明されます。
資格取得後は、タイ古式整体士として自宅やスクールで講師活動ができます。

タイ古式整体士資格検定試験概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
資格試験概要
  • タイ古式マッサージとは/タイ古式マッサージの歴史/発祥国のタイ国の概要/タイ古式マッサージと仏教の深い関係/瞑想の方法/タイの伝統医学/タイ古式マッサージの種類/タイ古式マッサージの目的と効果/他のマッサージとの違い/もみ返しのメカニズム/ 3種類のドーシャとその特徴/アロマテラピーと主な精油の効能/タイマッサージで使用するオイル/ハーブボールの中身と効果/ハーブボールの作り方/足裏マッサージの効果/タイ式ヨーガルーシーダットン/口頭伝承でタイに伝わるトークセン/内臓のマッサージチネイザン/ホットストーンマッサージ/タイのベビーマッサージなどの知識が問われます。

動画でわかる!
タイ古式整体士
資格

資格検定試験実施日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送り下さい。

次回検定試験日程
試験期間
2021年12月20日〜25日
受験申込み期間
2021年11月1日〜30日

資格コラム

タイ古式マッサージとは
タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージは、タイの伝統医学の一つとして2500年の歴史があり、ヨガ・指圧・整体などから派生した施術として発展したものです。頭の先からつま先まで、全身くまなくマッサージを行うタイ古式マッサージの施術方法は、指圧・マッサージとストレッチ、矯正の三つに分けられます。まずは指圧とマッサージによって凝った筋肉をほぐし、ほぐれた筋肉をストレッチで伸ばし、最後に矯正で体の歪みを整えという手法です。施術者は、手の平・肘・膝・足など、体の色々な部分を使って筋肉を刺激しながらほぐしていきます。
タイ古式マッサージの効果は、医学的にも証明されており、頭痛・腰痛・肩こりなどの身体的な効果に加え、生理痛・ぜんそく・高血圧・便秘などの体の内面にも効果があるとされています。
タイ古式マッサージは様々な体勢でマッサージやストレッチを行うことから、痛みを伴うと思われがちですが、痛みを伴うことはなく、ゆっくりと時間を掛けて施術を行うことからリラックスしながら受けることができます。近年、日本でもタイ古式マッサージの人気は高まっており、専門のサロンなどが出店されています。タイ古式マッサージによって、疲れた身体をほぐして心も身体もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

タイ古式マッサージのやり方
タイ古式マッサージのやり方

タイ古式マッサージの施術の特徴としては、1時間から2時間という長い時間を掛けて、「セン」という体内にあるエネルギーラインに沿って施術を行うことです。
施術は、血の流れが急激に良くなり心臓に負担が掛からぬように、足から始め、順に背中・首・肩と施術箇所を移していきます。特に、足は体の中でも重要なセンが集まっていることから、片足ずつセンに沿って丁寧に揉んでいきます。また、肩凝りの多い日本人は、首・肩を念入りに行うと良いでしょう。
タイ古式マッサージの施術は、まずは手の平で摩るところから始まり、順に指圧へと移行し筋肉をほぐしていきます。筋肉がほぐれることで筋肉に柔軟性が戻るとともに、老廃物が体外に排出されます。次に、ほぐれた筋肉をマッサージすることで血液やリンパの流れが良くなり、自律神経のバランスが整っていきます。マッサージで体がほぐれたあとは、ストレッチで全身・筋肉・関節・骨の接合部分を伸ばし、同時に体の歪みを整える矯正も行います。ストレッチの際には、息を大きく吸い込み、ゆっくりと時間を掛けて息を吐く「アナパーナ・サティ」と呼ばれる呼吸法を用いることで、副交感神経が優位になり、リラックスして施術を受けることができます。無理をせず、ゆっくりと時間を掛けて施術することが重要なポイントです。

おすすめコラム

その他の資格