日本インストラクター技術協会

歩き方インストラクター

【ウォーキング資格5選!】資格取得で健康的な生活・収入増を狙おう

ウォーキングは「痩せて綺麗になりたい」「健康的な自分になりたい」そのような思いで取り組む方も多い、身近な運動です。
しかし、やってはみたものの思うような効果が出ず、挫折してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのようなときは、「ウォーキング資格」の取得がおすすめです。
ウォーキング資格を取得すれば、効果的なウォーキング方法に関する知識を習得でき、自他の健康的な生活に役立てられます。
また資格を取得することで、副業としてセミナーを開催し、収入増を狙うことも可能です。

この記事では「おすすめのウォーキング資格5選」「ウォーキング資格を取得するメリット」「資格の勉強方法」をご紹介します。
ぜひ最後までご覧になってください。
【ウォーキング資格5選!】資格取得で健康的な生活・収入増を狙おう

目次

仕事・生活に役立つ!ウォーキング資格取得のメリット

ウォーキング資格は、取得すれば仕事や生活におおいに役立ちます。
しかし、この資格がどのように役立つのか、具体的なイメージが浮かばない方もいらっしゃるでしょう。
そこで、仕事への活かし方と生活への活かし方を、それぞれ詳しくご紹介します。

1-1【仕事】キャリアアップが狙える

ウォーキング資格を取得すれば、キャリアアップが狙えます。
資格を取得することで、「ウォーキングに関する正しい知識」「効果的なウォーキング方法」などが習得でき、仕事の幅が広がるためです。
ウォーキング資格を取得すると、以下の仕事に携わることも可能になるでしょう。

<ウォーキング資格を取得することで可能になる仕事の例>
* ジムでの勤務(スポーツトレーナー・パーソナルトレーナー)
* カルチャースクールでの講師活動
* スポーツ関連企業・健康関連企業で活躍
* 協会認定のもとイベントを開催
* 介護予防事業関連施設で活躍
* 病院・整骨院で活躍

とくに、ジムで働いている方にとっては、取得して損はない資格といえます。
ウォーキング資格を取得することで、より専門性を高められ、キャリアアップが狙えるはずです。

また健康やスポーツに関連する企業の方にとっても、メリットの大きい資格といえます。
資格を取得すれば、企業専属の講師として、さまざまな企画で活躍できる可能性があります。

企業専属講師としての活動は、たとえば、美津濃株式会社(Mizuno)の「GOOD WORKING!CLINIC」の取り組みが代表的です。
「GOOD WORKING!CLINIC」では、後述する「ノルディックウォーキングインストラクター資格」を取得した方が講師を勤め、さまざまなイベントを開催しています。

企業の業種や風土によっては、ウォーキング資格の取得により、評価アップ・キャリアアップが狙えるはずです。

1-2【仕事】開業・副業が可能に

水耕栽培資ウォーキング資格を取得すると、インストラクターとしての講師活動も可能になります。
平日は会社員として勤め、休日は副業として講師活動をはじめるなどすることで、収入アップを狙えます。

カルチャースクールで、デスクワークが続いている方や健康を気にしている方を対象に、セミナーを開催するのもひとつの選択肢です。
またランニング資格や食べ物に関する資格を組み合わせて、「健康への総合的なアプローチができるスクール」として本格的に運営していくのもよいでしょう。

ウォーキング資格は、講師活動を通じて収入を増やしたい方にとって、注目しておくべき資格のひとつといえます。

1-3【生活】健康寿命を延ばせる

効果的なウォーキングの方法を知り、適切に生活に取り入れれば、健康寿命を延ばすことも可能です。
実は、「健康のためウォーキングをはじめたものの、うまく効果が出ず挫折してしまった」「健康になるどころか、足を痛めてしまった」などの経験がある方も多くいらっしゃいます。

正しい知識を身につけて、体に負担をかけず効果的にウォーキングを楽しむことで、健康的で若々しい自分を保てるはずです。
ウォーキングの効果を最大限に引き出したい方は、取得しておくべき資格といえるでしょう。

おすすめウォーキング資格5選

ウォーキング資格は、さまざまな協会が認定をおこなっています。
この記事では、数あるウォーキング資格のなかから5種類を厳選し、ご紹介します。

「どの資格が自分に合っていそうか」「どの資格を取得すれば自身のキャリアに役立つか」などをイメージしながら、それぞれ詳しく内容をチェックしておきましょう。

2-1歩き方インストラクター

「歩き方インストラクター」は、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定するウォーキング資格です。
資格取得で問われる内容や概要について、詳しくご紹介します。

資格の概要・問われる知識

歩き方インストラクターは、「ウォーキングの効果について理解している人材であること」「より効果的なウォーキング方法を提案できる人材であること」などを証明する資格です。
認定試験では、主に以下の知識が問われます。

<歩き方インストラクターの認定試験で問われる内容>
* ウォーキングとはなにか
* ウォーキングの効果
* 歩行中の身体の動き
* 筋肉と神経
* 服装と持ち物
* 靴の選び方
* 準備運動
など

ウォーキングについて、基礎から学べる資格といえるでしょう。

受験資格・費用

歩き方インストラクターには、とくに受験制限が設けられていません。
試験への申し込みはインターネットから可能で、在宅受験ができます。
解答は6日間ある試験日程のうちに記入し、提出期限内に郵送すればよいため、忙しい方も受験しやすいはずです。

受験料は税込み1万円で、合格基準は70%以上の評価を得ることとしています。

より詳しく知りたい方はこちら:歩き方インストラクター

2-2JLESAウォーキングアドバイザー

「JLESAウォーキングアドバイザー」は、日本生活環境支援協会(JLESA)が認定するウォーキング資格です。
試験で問われる知識や受験資格などについて、詳しく確認していきましょう。

資格の概要・問われる知識

JLESAウォーキングアドバイザー資格で問われる知識には、主に以下のものが挙げられます。

<JLESAウォーキングアドバイザーの認定試験で問われる知識>
* ウォーキングの有酸素運動効果
* ウォーキングが心身に与える影響
* 健康増進・ダイエットへの効果や、生活習慣病への予防効果
など

とくに「ウォーキングがどのようなことに役立つのか」を深く理解したい方におすすめの資格といえるでしょう。

受験資格・費用

JLESAウォーキングアドバイザー資格は、受験に制限を設けていません。
また先ほどご紹介した「歩き方インストラクター」と同様に、インターネット申し込み・在宅受験ができます。
そのため、お仕事や子育てで忙しい方でも、気軽にチャレンジできる資格といえるでしょう。

受験料は税込み1万円で、合格基準は解答に70%以上の評価を獲得することとしています。

より詳しく知りたい方はこちら:JLESAウォーキングアドバイザー

2-3JARUNAウォーキングアドバイザー

「JARUNAウォーキングアドバイザー」は、一般社団法人日本ランニング協会(JARUNA)の認定するウォーキング資格です。
JARUNAではほかにも「ランニングアドバイザー」「ランニングインストラクター」「かけっこアドバイザー」など健康維持に役立つさまざまな資格の認定をしているため、ウォーキング資格をきっかけとして、より幅広い資格取得を目指すのもよいでしょう。

ここでは、ウォーキングアドバイザーの資格について、詳しくご紹介します。

資格の概要・問われる知識

JARUNAウォーキングアドバイザーは、「ウォーキングの科学・効用・指導方法などを習得し、楽しく指導できる人材」の育成を目的としたウォーキング資格です。

資格取得のためには、「ウォーキングアドバイザー講座カリキュラム」の履修が必要となります。
カリキュラムの内容は、以下のとおりです。

  テーマ 内容
座学 ウォーキングアドバイザーの意義 ランニングとウォーキング
ウォーキング指導の必要性
運動学としての歩行知識 姿勢・人体の重心・歩行と運動学
生理学としての歩行知識 歩行のエネルギー代謝
活動量/運動量
トレーニングの原理原則
心拍数管理
ウォーキングのさまざまな効能 ウォーキングでメンテナンス
歩行動作を想定したチェック法
鍛える筋肉/緩める筋肉
理想的な身体へ
ウォーキングの形態と指導法 競歩
フィットネスウォーキング
山歩き・散歩・移動
ビューティフルウォーキング
実技 ウォーキングクリニック 基礎歩行
歩き方指導
エネルギー効率の高い歩きかた
衝撃緩衝する仕組みの再構築
目的別ウォーキングプログラム
ビューティフルウォーキング

受験資格・費用

JARUNAウォーキングアドバイザーも、受験に関して制限をとくに設けていません。
資格認定講座は、協会の会員の方は2万8,000円、非会員の方なら3万8,000円で受講できます。

より詳しく知りたい方はこちら:JARUNAウォーキングアドバイザー

2-4ウォーキングトレーナー資格

「ウォーキングトレーナー資格」は、一般社団法人メディカル・フィットネス協会(MFA)が認定するウォーキング資格です。
この資格は、「日常生活での歩行を意識させ、適切な運動習慣を身につけたウォーキング実施者の育成ができる指導者」を育てることを目的としています。

資格の概要・問われる知識

ウォーキングトレーナー資格は、講習会を受講することで取得できます。
講習会は「講義」「基礎実技」「応用実技」の3つに分かれており、内容は以下のとおりです。

<ウォーキングトレーナー資格の講習会の内容>
* 講義…運動の効果、歩幅と歩行速度、正しい歩き方、行動変容のための支援方法、ウォーキングシューズの特性、国民健康・栄養調査についてなど
* 基礎実技…エクササイズウォーキングの実践と指導、フォームチェックと指導方法、ウォーカー検定の実施と評価、セルフストレッチングなど
* 応用実技…レジスタンストレーニング

ウォーキングについて、基本から専門知識までしっかりと学べる資格です。

受験資格・費用

ウォーキングトレーナー資格は受験制限を設けておらず、誰でもチャレンジできます。
ただし、講座の開催場所は大阪府・愛知県・福岡県に限定されているため、遠方の方は受験しにくい点に注意しましょう。

受講料は、メディカル・フィットネス協会の会員の方は9,500円、非会員の方は1万2,000円です。

より詳しく知りたい方はこちら:ウォーキングトレーナー資格

2-5ノルディックウォーキングインストラクター資格(JNWA指導者資格)

「ノルディックウォーキングインストラクター資格」とは、特定非営利活動法人日本ノルディックウォーキング協会(JNWA)が認定する資格をいいます。

ノルディックウォーキングとは、専用のポールを活用し、上半身・下半身ともに動かす歩き方を指します。
身体の9割もの筋肉を意識して使える、運動効果の高いウォーキング方法です。

ノルディックウォーキングインストラクター資格で問われる内容について、詳しくチェックしていきましょう。

資格の概要・問われる知識

ノルディックウォーキングインストラクター資格は、3段階に分けて認定されます。
一般愛好者を対象とした「インストラクター資格」、インストラクター取得済みの方を指導できる「上級インストラクター資格」、上級インストラクターを指導できる「マスタートレーナー資格」です。

このうち「インストラクター資格」を取得するには、5時間の指導者講習会を受講する必要があります。
講習で学ぶのは、以下の知識です。

<ノルディックウォーキングインストラクター資格で学ぶ内容>
* ノルディックウォーキングの歴史
* 基本的なウォーキングの姿勢
* 効果的にウォーキングする技術
* 専用ポールを用いたストレッチング(準備運動、整理運動など)

講習を受けることで、3年間有効の資格を取得できます。

資格取得ができれば、「講習会・体験会に使う専用ポールの貸し出し」「協会SNSを使ったイベント告知」「JNWA公認ロゴマークの使用」などのサポートも受けられます。
「副業としてセミナーを開きたい」「講師として活躍したい」場合におすすめのウォーキング資格です。

受験資格・費用

ノルディックウォーキングインストラクター資格は、「ノルディックウォーキングを経験しており、その普及・指導に意欲のある方」ならだれでもチャレンジできます。
指導者講習会の受講には、以下の費用が必要です。

<指導者講習会の受講に必要な費用>
* 受講料6,500円
* テキスト代1,500円
* 公認料2,000円
* 初年度年会費1,000〜3,000円

より詳しく知りたい方はこちら:ノルディックウォーキングインストラクター資格

ウォーキング資格の取得方法

ここまでご紹介してきたとおり、ウォーキング資格にはさまざまな種類のものがあります。
講座を受講して取得するものもありましたが、そうでない資格に関しては「どのように学べばよいの?」と思った方も多いのではないでしょうか。

講座受講型でないウォーキング資格を取得する場合は、「書籍」「専門施設」「通信講座」のいずれかで学ぶ必要があります。
どのような学び方ができるのか、それぞれ詳しく確認してみましょう。

3-1書籍で学習する

ウォーキングに関する書籍は、数多く流通しています。
そのような書籍を読み、実践を重ねることで、一定の知識や技術を習得できるでしょう。

ただし、「ウォーキング知識を総合的に学ぶためには、何冊も読む必要がある」「専門的な本は書店で見かけにくい」などのデメリットもあります。
書籍は、あくまで入門に向いている勉強方法といえるでしょう。

3-2専門施設で学ぶ

歩き方は自分自身でチェックしにくいため、「ひとりで学んで練習してみても、正しくできているのかよくわからない…」と悩んでしまうこともあるはずです。
その場合は、スポーツジムで開催されている、ウォーキングに関するプログラムを活用しましょう。

ウォーキングに特化したプログラムへ参加すれば、正しい知識をもったトレーナーから、効果的なウォーキング方法を学べます。
基本のウォーキング方法について、実践的に学んでから資格試験に臨みたい方におすすめです。

3-3通信講座で学ぶ

ウォーキング資格のうち「歩き方インストラクター」「JLESAウォーキングアドバイザー」に関しては、通信講座を活用して学習するのがおすすめです。
通信講座のカリキュラムは、資格取得に向けて無駄なく作られており、効率的に学べるでしょう。

通信講座にもさまざまなサービスがありますが、とくにおすすめのものとして「SARAスクールジャパン」と「諒 設計アーキテクトラーニング」が挙げられます。
「SARAスクールジャパン」や「諒 設計アーキテクトラーニング」には試験免除型のコースがあり、カリキュラムを終え卒業課題をクリアすれば、「歩き方インストラクター」と「JLESAウォーキングアドバイザー」の資格を同時取得できます。

「SARAスクールジャパン」と「諒 設計アーキテクトラーニング」の料金・セット内容は、以下のとおりです。

「SARAスクールジャパン」のウォーキング資格用カリキュラム
  期間 料金(税込) 内容
ウォーキング基本コース 6か月(最短2か月) 5万9,800円 ガイドブック・受講証・受講カード
学習テキスト01・学習テキスト02
練習問題集/解答
模擬試験/解答
添削課題(5回分)・質問用紙・封筒
ウォーキングプラチナコース(試験免除型) 6か月(最短2か月) 7万9,800円 ガイドブック・受講証・受講カード
学習テキスト01・学習テキスト02
練習問題集/解答
模擬試験/解答
添削課題(5回分)・質問用紙・封筒
卒業課題
「諒 設計アーキテクトラーニング」のウォーキング資格用カリキュラム
  期間 料金(税込) 内容
基本講座 6か月(最短2か月) 5万9,800円 受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊
練習問題集/解答用紙
練習問題解答集
模擬試験/解答用紙
模擬試験解答集
添削課題/提出用解答用紙
質問用紙
封筒
スペシャル講座(試験免除型) 6か月(最短2か月) 7万9,800円 受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊
練習問題集/解答用紙
練習問題解答集
模擬試験/解答用紙
模擬試験解答集
添削課題/提出用解答用紙
質問用紙
封筒
ウォーキングアドバイザー&歩き方インストラクター 卒業試験

「スピーディに効率よくウォーキング資格を取得したい」と考えている方は、ぜひ上記の通信講座を活用してください。

詳しくはこちら:SARAスクールジャパン諒 設計アーキテクトラーニング

まとめ

ウォーキング資格には、「歩き方インストラクター」や「JLESAウォーキングアドバイザー」をはじめとして、さまざまなものがあります。
いずれもウォーキングに関する正しく深い知識を習得できるため、効果的にウォーキングを取り入れたい方におすすめです。

また、ウォーキング資格を取得することで、本業・副業での仕事の幅が広げられ開業も夢ではないなど、仕事にもおおいに役立てられます。
ぜひウォーキングについて学び、仕事や生活に活かしてください。