日本インストラクター技術協会

幼児食資格コラム01_ヘッド画像
ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターの仕事内容と必要な資格を解説

初めての子育てで、試行錯誤の日々を送っている新米ママさん達をサポートできるのがベビーフードインストラクターです。
ベビーフードインストラクターは、主に1歳~1歳半向けの幼児食について習得する必要があります。
食物アレルギーを持つ子供を育てているママさんや、調理の仕方に悩むママさん達をサポートできるベビーフードインストラクターの仕事内容などを解説します。
ベビーフードインストラクターの仕事内容と必要な資格を解説

目次

ベビーフードインストラクターとはどんな職業?

ベビーフードインストラクターとは、子供の成長に合わせた幼児食の知識を十分に理解し、指導を行ったり助言をしたりできる資格を持った専門家の事をいいます。
ベビーフードインストラクターは主に、1歳~1歳半向けのベビーフードを専門的に扱います。
離乳食が始まる生後6ヶ月頃から「食育」がスタートします。
そして、離乳食の初期段階はアレルギーが無いか慎重に行っていきます。
現代では10人に1人が、食物アレルギーを持っている時代です。
親は、アレルギーを心配し無添加・無農薬にこだわり手作りする家庭も増えてきています。
偏食やアレルギーの発症が決まるのが、3歳までと言われています。
好き嫌いは、2歳に近づくにつれて多くなります。
この時に重要なのが、嫌いだから食べさせないのではなく、どう工夫して好きになってもらうかです。
子を持つ親が、一度はぶつかる壁が子供の好き嫌いをどう克服させるかでしょう。
独学だけで子供の食事の管理はやはり難しい所があります。
そんな時に活躍できるのがベビーフードインストラクターです。
幼児食についての栄養学や基本的な知識から応用まで食育のプロとして子供の成長に合わせた幼児食の指導ができます。

ベビーフードインストラクターになるには何を学ぶべきか

ベビーフードインストラクターになるには何を学ぶべきか

ベビーフードインストラクターになるには、資格取得は必須項目となっています。
市販の参考書などで独学でも資格取得は可能ですが、独学は難易度がかなり高めとなっています。
分からない所はすぐに聞けるスクール講座や通信講座などを利用しましょう。
ベビーフードインストラクターで得られる知識は以下の内容です。

【得られる知識】
・子供の成長に合わせた食事に関する知識
・春夏秋冬の季節に合わせた食材を使いレシピを考案できる
・エネルギーとなる緑黄赤の三色の栄養素を取り入れた献立をたてれる
・子供の体質や体格、運動量によって食事の量を考えられる

ベビーフードインストラクターの認定資格は、自宅にいながら試験を受けることが可能です。
スクールに通って勉強するもよし、仕事と両立したいなら通信講座を受講して試験に望む事もできます。
試験までにかかる勉強時間や費用も様々なので、自分にあった講座やスクールに通うといいでしょう。

ベビーフードインストラクターが活躍できる分野と仕事内容

ベビーフードインストラクターは、幼児食に関する知識を活かせる職業です。
主な仕事内容は、資格取得で得た幼児食に関して困っている母親をサポートしたり、セミナーを開くなど自宅に居ながらも活躍できます。
ベビーフードインストラクターの仕事内容と資格を活かせる活躍分野は以下があげられます。

3-1カルチャースクール

資格取得後は、自身が得た知識を活かしカルチャースクールの講師としても活躍できます。
カルチャースクールには、多くの新米ママが参加します。
新米ママは、どんな事も初めてで食事に関しても戸惑いながら日々を過ごし葛藤しています。
ベビーフードインストラクターの資格があれば、1歳~1歳半に特化した具体的なアドバイスを行えます。
ちょうど、好き嫌いが出てくる時期でもあるのでママさん達の強い味方になるでしょう。
カルチャースクールでは、自身が取得したベビーフードインストラクターの資格が発揮できます。

3-2ベビーフードの開発

ベビーフードインストラクターは、ただベビーフードの知識があるだけではありません。
子供の体格や成長など、子供一人一人や月齢に合わせたメニューの提案も可能です。
そこで、大いに活かせて自身のスキルアップにも繋がるのがベビーフードの開発です。
今では、沢山の種類のベビーフードが売っています。
まだまだ薄味で調理しなくはいけない時期の子供の食事の支度は、手間がかかるものです。
そんな時の強い味方にもなるのがベビーフードです。
食材の味を活かしつつ、月齢に合わせた味付けや食材を使って、どうしたら子供が美味しく食べられるかを考えながら、ベビーフードインストラクターの資格が発揮できる場です。

3-3子育て支援センター

各地域にある子育て支援センターで、食に悩むママさん達に寄り添い的確なアドバイスやサポートができます。
子育て支援センターでは、食に関するイベントも多く開催されています。
親子でおやつを作ったり、離乳食の教室を開いたり、「ひなまつり」「子供の日」「クリスマス」などの行事食を一緒に作ったりと様々なイベントが開催されています。
ベビーフードインストラクターは、幼児食についての知識の他に行事こどのメニューの考案もできる知識を学んでいます。
イベントや企画を通して、親子が楽しめる食に関しての知識を広める事も可能です。

ベビーフードインストラクターに向いている人

ベビーフードインストラクターに向いている人

ベビーフードインストラクターは、子供の成長に必要不可欠な食に関しての知識を発揮できる職業です。
ベビーフードインストラクターに向いている人についてまとめました。

・子供が好きな人
・料理が好きな人
・子供のいる主婦
・レシピ作成が好き

やはり、子供に関しての資格なので子供の事を一番に考えられる人におすすめです。
そして、自身も子育て経験がある主婦が資格を取得している傾向にあり、自身の経験と新たに得たベビーフードインストラクターの資格を駆使して「誰かの役に立ちたい」と思える人に向いています。

ベビーフードインストラクターの代表的な資格はこれ!

全ての資格に共通していることは、乳幼児に必要な栄養素や調理の仕方やレシピ考案などです。
中には、食物アレルギーに着目した資格や食の大切さを学べる資格もあります。
自身が、どの分野について知りたい・学びたいかで取得すべき資格も変わってきます。
しかし、どの資格も子供と母親をサポートできるやりがいのある資格です。
ここからは、ベビーフードインストラクターの代表的な資格を紹介します。

5-1ベビーフードコンサルタント

ベビーフードコンサルタントは、幼児食についての栄養や献立といった知識に加え、乳幼児の発達に合った食事・食事の進め方の知識を持ったプロフェッショナルです。
小さな子供は、食事中に遊んでしまったり日常と食事の時間の区別がつきません。
子供との食事の時間は唯一ゆっくりと向き合える時間でもあります。
食事を通して親子の関係性を育む場でもあり、とても大切な時間です。
ベビーコンサルタントの資格があれば、今まで「レパートリーがなかった」が解消され親も子も楽しい時間になります。
ベビーフードコンサルタントは、妊娠中の人や子育て中、保育士さんなど子供と関わる仕事をしている人にもおすすめの資格です。
自宅にいながら資格取得可能なところも人気の理由です。
ベビーフードコンサルタントは、通信講座を受講して自宅で勉強・試験が受けられます。

5-2離乳食・幼児食コーディネーター

離乳食・幼児食コーディネーターは、乳幼児の成長に合わせた食事の知識を持ったプロフェッショナルです。
離乳食と幼児食の両方の知識を学べ、母親が一番食事に悩む時期に特化した資格です。
離乳食初期は食べられる物が限られています。
アレルギーの心配もある為、母親はいつも以上に慎重にあります。
考えすぎてメニューが思い浮かばない事も、そんな時に離乳食・幼児食コーディネーターの資格が役立ちます。
子供の食事に関する悩みは続きます。
悩んでいる母親のサポート役として、離乳食・幼児食コーディネーターの資格が活躍します。
自宅で教室を開いたり、支援センターで同じ悩みを持つ母親をサポートできます。
離乳食・幼児食コーディネーターは、自宅で勉強し試験に挑めます。

5-3幼児食インストラクター

幼児食インストラクターは、1歳~6歳までの幼児食の悩みを解決するスペシャリストです。
幼児食の基本知識があり、成長別のレシピ考案と作り方、子供が病気の時の食事、食物アレルギーの知識が十分にあることが証明できます。
栄養素の知識や幼児の心理も学べるため、「好き嫌い」がある子供や「むら食い」「小食」と言ったあらゆる悩みもサポートできます。
同じ悩みを持つ母親同士で教室を開き、母親に寄り添うことが可能です。
資格取得後は、講師活動や料理教室、保育園など子供のいる施設や食品業界など幅広く活躍できます。
幼児食インストラクターは、通信講座で資格取得が可能です。

5-4ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは、子供の成長に合わせた食事の知識が十分にあることの他に、春夏秋冬の季節に合わせた行事食などを作れる事を証明できる資格です。
ベビーフードインストラクターは、他の幼児食資格と少し違いレベルの高い資格で、ベビーフードや子供の成長に応じた食事が作れるだけではありません。

・赤・・・健康なカラダに必要不可欠な血液・筋肉・臓器となる
・黄・・・エネルギーの源となる
・緑・・・カラダの調子を整える

この3色を使った献立を考案できます。
ベビーフードインストラクターの資格があれば、知識を発揮できる食品企業でベビーフードの開発などもできます。
最近では、支援センターなど各自治体で料理教室や母親をサポートする会が開かれています。
こうした場で、幼児食のプロフェッショナルとして活躍できます。
ベビーフードインストラクターは、通信講座で勉強から試験まで自宅で受講可能です。

5-5幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザーは、離乳食が終わる1歳半から6歳ころまでの幼児食について学び、この頃の幼児食の知識が十分にあることを証明できる民間資格です。
基本となる食事の作り方の他に、生理学の基礎や発育ごとの対応方法に生活のリズムについてなど幅広く学びます。
子供にとって食事は、生きていくことはもちろんですが、カラダを作る為に必要不可欠です。
子供のころの食生活は、大人になっても影響します。

・正しい食事の仕方
・好き嫌いの対処法
・食物アレルギー

など、食事を作るだけでなく、どう工夫するかなどの知識も必要になります。
幼児食アドバイザーの資格は、子供に関わる幼稚園・保育園や栄養士にピッタリの資格です。
支援センターなどで、悩みを持つ母親のサポートもできます。
幼児食アドバイザーは、通信講座で自宅にいながら資格取得が可能です。

5-6乳幼児食指導士

乳幼児食指導士は、0~6歳までの乳幼児の食に関する知識と、子供に「食」を正しく導き「食の自立」を促すプロフェッショナルです。
食事や生活の不規則が、大人になってからの病気の原因とも言われている今。
子供の食に関して関心が高まっています。
薄味が基本の離乳食から大人と同じ食事へと変わる幼児食への移行時には注意が必要です。
幼児期は、味覚がどんどん発達していき日々の食生活が将来に大きく影響されます。
乳幼児食指導士は、子供の成長に必要不可欠な食のあり方や大切さを学び、実践し、伝えていける資格です。
資格取得後は、子供にかかわる様々な仕事に役立てられます。
乳幼児食指導士は、わかりやすくまとめられている通信講座受講がおすすめです。
自宅にいながらの学習も可能で、オンラインセミナーなども開催されている為、分からない所もすぐに解決できます。

おすすめの資格はなに?

・これからの子供の将来の為に
・生まれてくる我が子の為に
・悩んでいる母親のサポートをしたい

など、子供の為に何かしたいと考えているなら「ベビーフードインストラクター」の資格がおすすめです。
幼児食の基本知識から応用力まで養え、この知識を広められます。
好き嫌いの多い子、偏食の子、食物アレルギーがある子など悩みを持つ親は多くいます。
そんな、悩みに寄り添えるのがベビーフードインストラクターです。
食材が持つ栄養素を理解した上で、好き嫌いの多い子に対しては同じような栄養を補える食材に変えた料理方法を提案したり、食べさせ方を工夫して嫌いを好きになるよう促せます。
料理に自身がなくても、食材の栄養や何故適切な食材なのか理解し説明できる能力は十分に身に付きます。
一緒に悩みを解決できる、自身のスキルアップにも繋がる資格です。

ベビーフードインストラクター
https://www.jpinstructor.org/shikaku/babyfood/

ベビーフードインストラクターの資格を取得するには、以下の2つの通信講座がおすすめです。

6-1幼児食マイスターW資格取得講座:諒設計アーキテクトラーニング

「幼児食マイスターW資格取得講座」は、諒設計アーキテクトラーニングの通信講座です。
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座は、2つの資格を同時に取得できます。

・「幼児食マイスター」・・・日本安全食料料理協会(JSFCA)主催
・「ベビーフードインストラクター」・・・日本インストラクター協議会(JIA)主催

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座は、初心者にも安心なカリキュラムが組まれています。
1日30分ほどの勉強時間があれば6ヶ月後には、2つの資格が取得可能です。
育児の合間や休日を利用してなど、自分のライフスタイルに合わせて空いた時間を勉強時間に活用できます。
早く資格を取得したい人にもおすすめのカリキュラムです。
最短2ヶ月で2つの資格が取得できます。
諒設計アーキテクトラーニングの通信講座には2種類用意されています。

・「基本講座」・・・初期費用を抑えて、無理なく資格取得を目指す
・「スペシャル講座」・・・全てのカリキュラム終了後に卒業課題を提出するだけで資格が取得できる

短期集中で、早く資格取得を希望なら「スペシャル講座」を選ぶといいでしょう。

  通常講座 スペシャル講座
受講料 59,800円(税込) 79,800円(税込)
期間 6ヶ月(最短2ヶ月) 6ヶ月(最短2ヶ月)
試験対策 添削課題5回 添削課題5回
幼児食マイスター資格取得講座
諒設計アーキテクトラーニング
幼児食マイスターW資格取得講座

6-2幼児食資格講座 | SARAスクールジャパン

「幼児食資格講座」は、SARAスクールジャパンの通信講座です。
SARAスクールジャパンの通信講座は、完全オリジナルテキストで初心者も安心できる分かりやすい教材とプロの指導で子育て中のママさんにもおすすめの通信講座です。
勉強となると身構えてしまいがちですが、初心者も理解しやすいテキスト内容になっているため飽きずに幼児食について知識を深めていけます。
1日30分のカリキュラムも取り組みやすく、家事や子育てのスキマ時間や休日などを利用したりスキマ時間で学べる内容です。
SARAスクールジャパンの講座を受講することで、いつも悩んでいた子供の食事作りが楽しくなるきっかけとなるでしょう。
自身の生活にも活かせ、ママ同士のコミュニティも広がり自身のスキルアップにも役立ちます。
幼児食のプロとして同じ悩みを持つママに寄り添いサポートできます。
SARAスクールジャパンの通信講座は、2つの資格を同時に取得できます。

・「幼児食マイスター」・・・日本安全食料料理協会(JSFCA)主催
・「ベビーフードインストラクター」・・・日本インストラクター協議会(JIA)主催

資格取得には、2つのコースが用意されています。

・「基本コース」・・・初期投資を抑えたい人向け
・「プラチナコース」・・・確実にとにかく早く資格取得を目指す人向け

プラチナコースは、卒業と同時に資格が取得できる資格保証付きでおすすめです。
同じ資格を取得するなら断然、試験免除の「プラチナコース」をおすすめします!

  基本コース プラチナコース
受講料 59,800円(税込) 79,800円(税込)
期間 6ヶ月(最短3ヶ月) 6ヶ月(最短1ヶ月)
試験対策 添削課題5回 添削課題5回
幼児食資格取得講座
SARAスクールジャパン
幼児食資格取得講座