日本インストラクター技術協会

管理健康栄養インストラクター
食・料理・飲み物の資格

管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクターとして、ビタミンなどの栄養素に関する知識や、腸内細菌が身体に及ぼす働きなどの知識を有していることを認定されます。各栄養素を含む食材への知識、食品表示の見方など、食品に関する理解度を証明する資格です。
資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することができます。

管理健康栄養インストラクター資格検定試験概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価

資格検定試験実施日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送り下さい。

次回検定試験日程
試験期間
2021年12月20日〜25日
受験申込み期間
2021年11月1日〜30日

資格コラム

食育とは
食育とは

食育とは、なぜ「食べる」必要があるのか、「生きる」ためには何が必要なのか、などを理解し、食事の重要性を習得するところから始まります。
食事をする上で必要な事は、人の成長や年齢に応じた食事を摂ることです。しかし、その為には、食材が持つ栄養素・食材の選び方・成長に必要な栄養素などの知識を身に付ける必要があります。よく「バランスの良い食事」と聞きますが、どのような食事がバランスの良い食事なのでしょうか?日本では「一汁三菜」がバランスの良い食事と言われていますが、単に一汁三菜にすれば良いという訳ではないですよね。使用する食材や食べ合わせなども考えると同時に、味付けや調味料などへの配慮も必要があると言えます。
また、成長期のお子さんや高齢者をご家族に持たれる方などは、必要な栄養素を摂取することに囚われがちですが、食材や調理方法だけでなく、「料理がおいしい」「楽しい食事」と思える食卓や食器、食具などへの工夫も必要なのかもしれません。
管理健康栄養インストラクター資格では、食事や食材に関する知識を元に、相談者の年齢や食べ物の好みなどを加味しながら、効果的に体内に栄養を摂取することができる食事の摂り方、調理方法などをアドバイスできる知識を身に付けることができます。

食育の仕事について
食育の仕事について

「食べること」は生きていく上で必要不可欠であり、日常的な習慣の一つでもあります。その為、食に関する仕事は多岐に渡り、様々な仕事があります。実際に料理を作る調理士、栄養価をコントロールしバランスの良い食事を提案する栄養士などが代表的な仕事です。
しかし食育に関する仕事は、これらの仕事と若干「食」に対するアプローチが異なると言えます。昨今、好きな物しか食べない偏食な方や、高齢や病気によって食べることに制限がある方など、食べる事に問題を抱えている方も少なくありません。そういった方へ、健康的で症状に合った食事を提案し、安全でおいしい食事が出来る為のアドバイスをする。また、食事の大切さ、食べることへの喜び、食べることで活力のある生活、バランスが良く健康的な食事の重要さなどを、食事を通じて生きていく力を養う為のアドバイスをするのが食育の仕事です。食育健康アドバイザー資格を取得することで、食育に関する知識だけではなく、食べることに問題を抱えている方や毎日の食事に悩みを抱えている方、成長期のお子さんを持つお母さんなどに対し、様々なアドバイスをすることが可能となります。また、食材や栄養価などの知識を活かして、食品メーカーでの商品開発、レストランでのメニュー開発、病院や介護施設での食事やメニュー作成などの仕事に就くことも可能となります。充実した食生活を送る為にも資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

その他の資格