日本インストラクター技術協会

アスリート栄養食インストラクター
食・料理・飲み物の資格

アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターとは、スポーツ選手に必要な栄養素、競技特性に合わせた食事の考え方、持久力アップのための栄養と食事、球技系スポーツのための栄養と食事、疲労回復のための栄養と食事、風邪予防のための栄養と食事、夏バテ予防のための栄養と食事、トレーニング期の食事、メンテナンス期の食事、試合前日の食事と準備、試合当日の食事、試合後の食事などスケジュール別の食事法、減量・増量のコツ、弁当を用意する際のポイント、サプリメントの使い方などを十分に身に付けた方に認定される資格です。資格取得後は、アスリート栄養食インストラクターとして、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

アスリート栄養食インストラクター資格検定試験概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価

動画でわかる!
アスリート栄養食インストラクター
資格

資格検定試験実施日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送り下さい。

次回検定試験日程
試験期間
2021年12月20日〜25日
受験申込み期間
2021年11月1日〜30日

資格コラム

スポーツフードについて
スポーツフードについて

スポーツフードとは、アスリートだけでなくスポーツをしている方にとって、必要な栄養や質量などを考えたスポーツをする上で最適な食事やメニューです。
アスリートが競技を行う上で、必要な体力・筋力・持久力を高める為には、日々のトレーニングに加え、身体や体力を作る為の食事が重要な役割を担っています。いくら体を鍛える為のトレーニングを行っても、必要な栄養が無ければ筋肉の増量だけでなく、強化することもままなりません。その上、競技によって必要な筋肉や使う筋肉が違ってきますし、選手の骨格・体格によっても必要な筋肉は変わってきます。選手の体の状態を見極め、その時に必要な栄養を分析し、選手一人一人に合った食事やメニューを献立するには、スポーツフードに関する豊富な知識が必要と言えます。
また、スポーツフードに関する知識は、普段の食事にも活かすことができます。自分自身や家族の健康状態に応じた食事やメニューを献立することもできますし、スポーツをしている成長期のお子さんがいる場合などは、より有効的に知識を活かすことができることでしょう。

スポーツのための食事学
スポーツのための食事学

スポーツをする上で必要なものは、技術やテクニックの前に、まずは体を動かす為に必要な骨と筋肉と基礎体力を備えた身体です。骨と筋肉を作りだすのは、トレーニングやサプリではなく「食べること」の他ありません。しかし、ただ単に沢山食べれば良いという訳ではなく、選手の体格、トレーニングの内容、競技に必要な筋肉量や体力などを総合的に判断し、最適な栄養価を最適な量で摂取する必要があります。その為の知識として、筋力アップに最適な栄養素、持久力アップに必要な栄養素、疲労回復に効果的な栄養素、更には、身体や筋力が作られるメカニズムなどの知識も求められます。また、このような知識だけでなく、必要な栄養素が備わった食材の選定、調理方法、必要な量、献立作りなども重要なスキルです。また、スポーツフード知識者は、スポーツ選手の食事の管理だけでなく、基礎体力を高める為に必要な、「食べる」「トレーニング」「休む」の三つのサイクルをバランス良く行う為の総合的なアドバイスも行います。スポーツをする上で重要な役割を担う食事には大きな責任があるとも言えます。食事によって選手のサポートを考えている方、運動や競技に携わる仕事をされている方、専門の知識を身に付けて日々の食事に活かしたいと思われている方は資格取得をめざしてみてはいかがでしょうか。

その他の資格