日本インストラクター技術協会

スポーツフード資格コラム01_ヘッド画像
アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターに必要な資格と仕事内容

アスリート栄養食インストラクターとは

・アスリート栄養食インストラクターってなに?
・アスリート栄養食インストラクターになる為にはどうしたらいい?
・アスリート栄養食インストラクターとして身につけた知識は仕事に活かせる?

当記事では、上記のような疑問を解消していきます。

当記事をまとめると

・アスリート栄養食インストラクターは、スポーツ栄養の基礎と食事法に精通したアスリート栄養食のプロ
・アスリート栄養食インストラクターは、独学でも学習可能だが、膨大な時間を要する為、通信講座での学習がおすすめ
・おすすめの資格は「アスリート栄養食インストラクター」資格!
・SARAスクールジャパン・諒設計アーキテクトラーニングでは「アスリート栄養食インストラクター」資格が確実に取得できるスペシャル講座あり!

それでは、早速みていきましょう。
アスリート栄養食インストラクターに必要な資格と仕事内容

目次

アスリート栄養食インストラクターとは、スポーツ栄養の基礎と食事法に精通したアスリート栄養食のプロ

アスリート栄養食インストラクターとは、スポーツ選手に必要な栄養素や食事のあり方に精通した、アスリート栄養食のプロです。
アスリートにとって、身体を作る正しい食生活は非常に重要であるとされています。
健康的な体づくりに欠かせない代表的な栄養素として挙げられるが、たんぱく質です。
たんぱく質は、骨や筋肉の原料であり、運動により分解されてしまうという特徴があります。
たんぱく質が不足すると、ケガの原因や貧血、そして様々な体調に影響が出てきます。
過酷なトレーニングにより、たんぱく質が不足しやすいアスリートは、たんぱく質を効率良く摂取できる食事が必要と言えるでしょう。
アスリート栄養食インストラクターとしての知識を身に着けることによって、高たんぱくの食事を作るコツがわかります。
また、取り組む競技や作りたい筋肉によって摂取すべき食事は異なる為、様々な栄養素について精通しておく必要もあります。
具体例を挙げると、短距離選手やパワー系の競技に必要なのは、たんぱく質です。
一方で、長距離選手や持久力が求められる競技に必要なのは、糖質です。
このように、競技によって必要な栄養バランスは異なり、アスリートとして良い成績を残すためには、アスリート栄養素インストラクターの知識は欠かせません。

アスリート栄養食インストラクターになる為に必要な事とは?

アスリート栄養食インストラクターになる為に必要な事とは?

アスリート栄養食インストラクターになる為には、特別な資格は必要ありません。
医者や弁護士のように、活動する為の国家資格もない為、極端に言えばアスリート栄養食に精通していれば、今すぐにでもアスリート栄養食インストラクターとしての活動は可能でしょう。
しかし、一口にアスリート栄養食と言っても学ぶべき事は非常に多くあります。
いかに、アスリート栄養食インストラクターとして必要な知識についてまとめましたので、是非参考にしてください。

【アスリート栄養食インストラクターに必要な知識】
・スポーツ栄養の基本
・スポーツ選手が知っておきたい栄養素
・スポーツ選手にとっての食事の重要性
・筋肉や脳を動かすエネルギー源
・動けるからだを作る食事法
・身体の機能を正常に保つ為のビタミン
・競技・目的・年代別の必要な栄養素
・競技に合わせた食事の考え方
・ジュニア選手の為の栄養素
・女子選手の為の栄養素
・バランスの取れた献立
・サプリメントの使用法

上記の知識について学習できる書籍は多く出版されている為、独学でのアスリート栄養食インストラクターの学習は可能です。
しかし、膨大な知識量を独学で得ようとする場合、実践的な知識を身に着けるまでに非常に時間がかかるというデメリットがあります。
短期間で確実な知識を身に付けたいのであれば、通信講座での学習がおすすめです。
通信講座での学習は、1日30分という短時間から挑戦は可能で、時間を選ばない為、仕事や育児の合間にも学習できます。
これからアスリート栄養食インストラクターの道を目指す方は、是非通信講座で効率良く学習してみましょう。

アスリート栄養食インストラクターは仕事に活かせる?仕事内容や活躍分野とは

アスリート栄養食インストラクターとして得た知識は、自身や家族のサポートは勿論、社会で活かすことも可能です。
具体的には、下記の業界でアスリート栄養食インストラクターの知識は重宝されます。

【アスリート栄養食インストラクターが重宝される業界】
・スポーツトレーナー
・監督やコーチ業
・ジムのインストラクター

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

3-1スポーツトレーナー

アスリート栄養食インストラクターとして得た知識は、スポーツトレーナーとしても役立ちます。
スポーツトレーナーの主な仕事は、アスリートの健康管理やパフォーマンスの向上です。
勿論栄養に関する知識も必要とされる為、アスリート栄養食インストラクターとして得た知識は大いに役立つでしょう。
実際に、現在スポーツトレーナーとして活躍する多くの方が、スキルアップの為にアスリート栄養食を学ぶ事もあり、優秀なトレーナーを目指すのであれば欠かせない知識と言えます。

3-2監督やコーチ業

スポーツトレーナーは個人のトレーナーですが、チームのトレーナーである監督やコーチにも、アスリート栄養食の知識は求められます。
一口に監督やコーチ業と言っても様々な現場があり、教育機関からプロチーム・アマチームまで多種多様です。

3-3ジムのインストラクター

アスリート栄養食インストラクターとして得た知識は、スポーツジムのインストラクターとしても役立つでしょう。
昨今では、健康志向やダイエット思考の上昇から、プロのアスリートでなくともアスリート栄養食について興味・関心がある方が増えてきました。
この為、スポーツジムのインストラクターでもアスリート栄養食についての知識が求められるケースが多くあります。
現在ジムのインストラクターとして働いている方は、スキルアップにも繋がるでしょう。

アスリート栄養食インストラクターとしての適性

アスリート栄養食インストラクターとしての適性

どの業界でも同じ事が言えますが、物事には適性があり、自身に適性のない肩書を目指しても良い結果が生まれません。
この為、アスリート栄養食インストラクターを目指す前に、今一度ご自身に適性があるかをチェックしていきましょう。
いかに、アスリート栄養食インストラクターとしての適性チェックをまとめましたので、是非参考にしてください。

【アスリート栄養食インストラクター適性チェック】
・食に興味がある
・調理スキルを磨きたい
・家族や自身の健康管理に気を付けている
・サービス精神が高い
・運動能力が高い
・モチベーションをあげるのが上手い
・コミュニケーション能力が高い
・人を元気にさせる

上記のいずれかに該当するのであれば、アスリート栄養食インストラクターとしての適性があると言えるでしょう。
アスリート栄養食インストラクターは、栄養士としての適性とインストラクターとしての適性を兼ね備えている必要があります。
食への興味や調理が苦でない他に、他者のモチベーションを上げるコミュニケーションのスキルも高くなければなりません。
調理が好きで周りを明るく出来る元気な方は、アスリート栄養食インストラクターを目指して間違いがないでしょう。

アスリート栄養食インストラクターの代表的な資格とは

上の項で、アスリート栄養食インストラクターになる為には、特別な資格は必要がないと申し上げました。
勿論、その通りですが、実際にアスリート栄養食インストラクターとしての知識を就職や転職に活かしたいのであれば、資格はあるに越したことはないでしょう。
アスリート栄養食インストラクターの資格は、どの程度の知識を有しているかを認定する「認定資格」があります。
認定資格は、履歴書や名刺等にも記載できる資格なので、是非この機会に資格の取得も検討してみてください。
代表的な資格は、以下の通りです。

【アスリート栄養食インストラクターの代表的な資格】
・スポーツフードアドバイザー
・アスリート栄養食インストラクター
・スポーツフードスペシャリスト
・スポーツフードマイスター
・アスリートフードマイスター

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

5-1スポーツフードアドバイザー

スポーツフードアドバイザーは、日本能力開発推進協会が主催する認定資格です。
アスリートに必要な栄養素や、食事レシピまで広く学習できます。
勉強期間は約3か月です。

5-2アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターは、日本インストラクター技術協会が主催する認定資格です。
競技の特性に合わsrた食事法や、疲労回復・風邪予防の為の食事法を学習できます。
勉強期間は最短で2か月です。

5-3スポーツフードスペシャリスト

スポーツフードスペシャリストは、フォーミーと、一般財団法人日本能力教育促進協会が主催する認定資格です。
スポーツに必要な食事法や、栄養素の知識を総合的に学べます。

5-4スポーツフードマイスター

スポーツフードマイスターは、日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。
栄養食と運動の関わりを科学的に裏付けし、効果的なトレーニング法や食事法を組み立てる方法が学べます。

5-5アスリートフードマイスター

アスリートフードマイスターは、アスリートの健康維持やパフォーマンス向上の為の知識を学習できます。
3級・2級・1級とあり、用途に応じて通学が通信講座かを選択可能です。
3級の合格率は85%なので、初心者からでも挑戦しやすいでしょう。

アスリート栄養食インストラクターになるなら「アスリート栄養食インストラクター資格」資格がおすすめ!

アスリート栄養食インストラクターに関する資格は数多くありますが、中には通学や実修は必須の資格もあり、仕事や育児の合間に取得するのが難しいケースがあります。
空いた時間でアスリート栄養食インストラクター資格の取得を目指したい方には「アスリート栄養食インストラクター」資格がおすすめです。
下記に、アスリート栄養食インストラクターの試験概要をまとめましたので、参考にしてください。

アスリート栄養食インストラクターの試験概要

受験資格 なし
受験料 10,000円(税込)
受験申請 インターネット
受験方法 自宅
合格基準 70%以上の評価

アスリート栄養食インストラクター資格では、アスリート栄養食の実践的な知識や、スポーツの為の食事学について深く学べます。
資格試験は2か月に1回の頻度で実施されている為、アスリート栄養食の初心者であっても今から挑戦しやすいものと言えるでしょう。
更に、現在SARAスクールジャパン・諒設計アーキテクトラーニングでは「アスリート栄養食インストラクター」資格が確実に取得できるお得な講座を開講しています。
次の項で詳しく見ていきましょう。

アスリート栄養インストラクター資格
https://www.jpinstructor.org/shikaku/sportsfood/

諒設計アーキテクトラーニング・SARAスクールジャパンなら「アスリート栄養食インストラクター資格」が確実に取得できるコースあり!

通信講座の諒設計アーキテクトラーニング・SARAスクールジャパンでは「アスリート栄養食インストラクター」資格を、確実に取得できる講座が開講されています。
それぞれの講座の特徴を、見ていきましょう。

7-1スポーツフードマイスターW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングの「スポーツフードマイスターW資格取得講座」は、初心者でも1日30分、最短2か月でアスリート栄養食インストラクター資格の取得が目指せます。
最短で2か月という短期間で取得できる秘密は、プロが監修した解りやすいテキストにあります。
更に、通学よりも効率的な完全個別指導や専属講師による、回数無制限の学習サポートも充実している為、初心者でも不安なく受講可能です。
また、現在諒設計アーキテクトラーニングの「スポーツフードマイスターW資格講座」では、アスリート栄養食インストラクター資格の他に「スポーツフードマイスター資格」も同時で取得可能です。
コースは2種類あり、下記にそれぞれのコースの概要をまとめましたので、参考にしてください。

  基本コース プラチナコース
受講料 59,800円 79,800円
期間 6ヶ月
(最短2ヶ月)
6ヶ月
(最短2ヶ月)
添削 5回 5回+卒業課題1回
講座内容 受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集/解答用紙・練習問題解答集・模擬試験/解答用紙・模擬試験解答集・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒 受講証・受講マニュアル・完全攻略テキスト2冊・練習問題集/解答用紙・練習問題解答集・模擬試験/解答用紙・模擬試験解答集・添削課題/提出用解答用紙・質問用紙・封筒・卒業試験

基本講座は、初期費用を抑えたテスト対策コースとなっており、学習テキストと試験対策をして試験に挑めるコースになっています。
一方で、スペシャル講座は、基本講座と同様の学習テキストや試験対策の他に、卒業課題があります。
この卒業課題は、提出と同時に資格試験が免除される課題なので資格試験に落ちる事はありません。
できるだけ早く、確実に格取得を目指す方は、是非スペシャル講座を選択してみてください。

スポーツフードマイスター資格取得講座
諒設計アーキテクトラーニング
スポーツフードマイスターW資格取得講座

7-2スポーツフード資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンの「スポーツフード資格取得講座」では「アスリート栄養食インストラクター」を最短一か月で取得可能です。
SARAスクールジャパンは、通信講座顧客満足度・通信講座対応満足度・女性が選ぶ通信講座ランキングで三冠を達成しており、多くの方に支持されている通信講座です。
1日30分という短時間から、アスリート栄養食インストラクターの道を目指せるので、家事に育児に忙しい主婦の方にもおすすめと言えるでしょう。
テキストは、アスリート栄養食インストラクターのプロが監修しており、要点から解りやすく理解出来るような内容です。
現在「スポーツフードコース」では「アスリート栄養食インストラクター資格」の他に「スポーツフードマイスター資格」が同時取得可能です。
2つの代表的な資格が同時取得できるまたとない機会なので、是非この機会にスポーツフードコースを受講してみましょう。
また、SARAスクールジャパンは、基本的なコースの他に、資格協会の認定校だからこそできるプラチナコースをご用意しています。
プラチナコースとは、コース受講修了と共に資格試験が免除になるコースで、確実に資格が取得可能です。
下記に、それぞれのコースの受講料などをまとめましたので参考にしてください。

  基本コース プラチナコース
受講料 59,800円 79,800円
期間 6ヶ月
(最短3ヶ月)
6ヶ月
(最短1ヶ月)
添削 5回 5回+卒業課題1回
講座内容 ガイドブック・受講証・受講カード・学習テキスト01・学習テキスト02・練習問題集/解答・模擬試験/解答・添削課題・質問用紙・封筒 ガイドブック・受講証・受講カード・学習テキスト01・学習テキスト02・練習問題集/解答・模擬試験/解答・添削課題・質問用紙・封筒・卒業課題

初期費用を抑えたい方は、基本コースを、確実に短期間で資格取得を目指したい方はプラチナコースを選択してみてください。

スポーツフード資格取得講座
SARAスクールジャパン
スポーツフード資格取得講座