日本インストラクター技術協会

マフィンソムリエ
食・料理・飲み物の資格

マフィンソムリエ

マフィンソムリエ

マフィンソムリエ

マフィンソムリエとは、カップケーキやマフィンの作り方を理解し、かつ実際に作るために技術を持っていることを証明する資格です。アレルギーに対応した卵や乳製品、小麦粉の置き換えで作るカップケーキやフルーツや野菜、和風の食材であるあんこや抹茶、金時豆などを使ったカップケーキのレシピについて、きちんとした知識、技能を持っていることを証明します。
また、美容と健康、バタークリームやトッピングを使ったデコレーションの方法、季節のイベントなどにぴったりのカップケーキに関する知識も問われます。
資格取得後は、料理教室やカルチャースクールなどで講師活動をすることが可能です。また、自宅で教室を開催することも可能です。

マフィンソムリエ資格検定試験概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価

資格検定試験実施日程

試験期間中に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙をお送り下さい。

次回検定試験日程
試験期間
2021年12月20日〜25日
受験申込み期間
2021年11月1日〜30日

資格コラム

パティシエとは
パティシエとは

パティシエとは、ケーキ、パイ、チョコレート、ムースなどの様々な洋菓子を作る職人のことです。洋菓子は大きく5つに分類され、ケーキやシュー菓子などのパティスリー、キャンディーやキャラメルなどのコンフィズリー、チョコレートやチョコレート菓子などのショコラトリー、アイスクリームや氷菓子などのグラスリー、クレープやババロアなどのアントルメとなります。
洋菓子の特徴としては、鶏卵・乳製品・油脂・ナッツ・果物を多く使い、味・形・風味を多彩に組み合わせて、いろいろな菓子を創作することです。
パティシエは洋菓子の職人として様々な洋菓子を作れることはもちろん、多くの量を常に同じ味で提供することができる技能や、見た目の美しさも求められる洋菓子では、繊細なテクニックやセンスも必要と言えます。また、鶏卵・小麦粉・牛乳・砂糖を多用する洋菓子では、温度や湿度によって材料を混ぜ合わせる配分や時間をコントロールする必要があり、一人前のパティシエとなる為には、知識や技術だけでなく、豊富な経験も持ち合わせる必要があります。そして、パティシエは洋菓子を作るだけが仕事でありません。使用する材料の選定、仕入れ、管理なども行い、パティシエが受け持つ仕事は多岐に渡ります。

カップケーキのレシピ
カップケーキのレシピ

家庭で気軽に作れるスイーツとして人気なのがカップケーキです。比較的簡単に作ることができるカップケーキは、特別な材料や下拵えの時間も必要無く、様々なアレンジがしやすいことから、代表的な手作りケーキの一つと言えます。
カップケーキの基本的な作り方は、バターと砂糖をホイップし、塩・溶いた卵・牛乳を入れて混ぜ合わせ、そこに薄力粉・ベーキングパウダーを入れてさらに混ぜ合わせる、そして混ぜ合わせたタネをカップに入れてオーブンで焼くと出来あがります。
作り方が簡単なので、使用する材料の配分を間違わなければ、おいしいカップケーキを作ることができます。また、混ぜ合わせる材料にチョコやバニラを加えることで、味や風味に様々なバリエーションを加えることができます。昨今では、砂糖やバターを控え目にして、ペーストしたカボチャやニンジンなどの野菜を混ぜ合わせて、ヘルシーカップケーキなども人気です。さらには、カップケーキの上にフルーツを乗せたり、生クリームを乗せることで、一味違ったカップケーキを作ることも出来ます。
カップケーキは材料を混ぜ合わせ、焼き時間も含めて30分から40分ほどで作ることができますので、お子さんと一緒に作ったり、おやつとして作るにも最適です。

その他の資格