日本インストラクター技術協会

お点前インストラクター資格コラム01_ヘッド画像
お点前インストラクター

茶道資格のおすすめ資格|資格のメリット・仕事内容や勉強法まで解説!

せっかく日本人として生まれてきたのなら、和の心やマナーを知っておきたいものです。

また茶道というと身構えがちですが、私たちの生活を見渡すとお抹茶は色々な所に使われています。

この記事では、日本の美意識や考え方までが集約された茶道インストラクターについて詳しくまとめています。 では早速見ていきましょう。
日本の美意識が集約!茶道インストラクターになるために必要な資格や仕事内容を解説します

目次
茶道資格のお点前インストラクター資格はこちら
https://www.jpinstructor.org/shikaku/otemae/

茶道インストラクターとは茶道に関する基礎知識を有している人

茶道は日本の伝統文化の象徴とも言える「道」という文字が使われています。

「道」は、長い月日をかけてその文化を極める行為です。

現代では、普段の生活にあまり関わりが内容に感じることもあるかもしれません。

しかし、社会人として茶席に呼ばれるということがないとも言い切れません。

そんな時、戸惑うことなくお茶を楽しめたらとても素敵ですね。

いざというときに知っていると落ち着いて対処できるものです。

茶道インストラクターは、茶道に関する基礎知識を有していて人に教えられる知識がある人を言います。

茶道資格のお点前インストラクター資格はこちら
https://www.jpinstructor.org/shikaku/otemae/

茶道インストラクターになるために必要な勉強とは

茶道インストラクターになるために必要な勉強とは

茶道インストラクターとして活動するために必要な勉強は、歴史や心得など多岐にわたります。

以下の4点について詳しく解説します。

2-1茶道という道について

茶道は、華道、書道または香道をあわせて日本の伝統芸能の三道と呼ばれています。

茶道に使われている道とは、古くは仏教に伝来し長い年月をかけてその文化を極めた芸術活動のことを言います。

わび茶を独自に発展させ、茶道を確立したのはかの有名な千利休であることは有名です。

茶道の歴史を学ぶことは、お茶を楽しむためにも心構えを知るためにも非常に重要です。

2-2茶道の心得

茶道は抹茶を楽しく飲む行為のことだけではありません。

心を集中させ、自己を見つめ、精神を高めることが重要です。

「一期一会」という四字熟語は、茶道によるもので、茶会に臨む時の心構えのことを言います。

同じ機会は二度と訪れることはなく、一生に一度の出会いであり、亭主も客は互いに誠意を尽くすという意味から来ています。

2-3茶道の系譜

茶道は、千利休が始祖となり江戸時代には様々な流派が生まれました。

三千家と呼ばれるものは、表千家、裏千家、武者小路千家です。

さらに、その三千家からたくさんの流派が生まれました。

茶道の系譜を知ることは、自分が習っている茶道はどの流派なのかを知る、良いきっかけになるでしょう。

またこれから、茶道を本格的に学びたい方には流派を知っておくと、教室の選択の際に役立ちますね。

2-4茶道の基本的な知識

まずは、客としての基本的な作法を一通り知っておくと、茶会に呼ばれも安心して楽しい時間を過ごせることでしょう。

また、亭主側の基本的な知識を学び、総合的に茶道の作法を知ることが、茶道インストラクターと名乗るには最低限必要です。

茶道資格のお点前インストラクター資格はこちら
https://www.jpinstructor.org/shikaku/otemae/

茶道インストラクターの仕事内容と活躍分野を紹介

茶道インストラクターの仕事内容と活躍分野を紹介

茶道インストラクターを仕事にする場合、自宅やカルチャースクールの講師として活動ができます。

それだけでなく、就活にも役立ちます。履歴書に茶道インストラクターとあれば、茶道の心得があることが分かり好印象になるでしょう。

また、秘書業務や営業の仕事などでも茶道の心得があることは自分の強みになるでしょう。

仕事に直結した茶道インストラクターという仕事以外にも、茶道インストラクターであるということは、人から見て好印象であり、自分に自信がつきます。

3-1自宅やカルチャースクールの講師

茶道は基本的に茶室で行われるものです。

そのため自宅の一室をつかって教室を開く方法も可能であり、パソコンなどを使ってオンラインで離れた生徒にも教えられます。

オンラインの講師活動は、一般的に茶道以外の分野でも広がりを見せているので、茶道インストラクターとして大いに活動が期待できます。

また、カルチャースクールの講師として、茶道に興味がある方に茶道のすばらしさや基礎を教えます。

講師活動は、ただ単に知識と技術があればできるものではありません。人に伝えるスキルは日々の積み重ねによって磨かれます。

人に伝えることのすばらしさ、楽しさを忘れず、向上心をもって日々勉強の意識を持ち続けることが必要です。

茶道インストラクターに向いている人はこんな人

茶道インストラクターに向いている人はこんな人

茶道インストラクターの仕事内容が分かったところで、次に茶道インストラクターに向いている人についてまとめていきます。

以下の4点に当てはまる人は茶道インストラクターに向いていると言えます。

それではそれぞれ詳しく解説します。

4-1今までに茶道を習っていたが資格を持っていない人

学生時代、または成人してから、友人に誘われて、または茶道に興味があって教室に通った経験がある人もいるでしょう。

茶道教室に通っていれば、茶道の基本的な知識や作法を学びお茶を楽しむことは可能です。

しかし、それだけでは茶道インストラクターとして活動しようとするのに踏ん切りが付かないこともあるでしょう。

自信を持って茶道に関わる仕事をしたいとお考えの人に、茶道インストラクターは向いています。

4-2興味はあっても今まで茶道になかなか足を踏み入れられなかった人

茶道と聞くと構えてしまいがちですが、博物館や美術館、植物園などで気軽な野点を開催していることもあります。

そんな時に、「あっ、ちょっといいな、興味があるけれど作法が分からないし。」とあきらめしまうのはせっかくの機会を逃してしまいもったいないですよね。

本当に基本的な知識だけでも、知っているだけで臆することなくお茶は楽しめます。

きっかけは人それぞれですが、知りたいと思った時がはじめ時です。

また、そのような体験をした人が茶道インストラクターになることで、人に教える立場になった時に、その人の気持ちに寄り添いながら教え導くことができるでしょう。

4-3和の心を知り自己の内面を磨きたいとお考えの人

茶道を通して、基本的な知識の習得だけでなく自分の内面も磨きたいとお考えの人に茶道インストラクターは向いています。

茶道は日本のマナーの原点とも言えます。茶道を通じて物の考え方や自分の内面と向き合う時間は、何にも変えがたい貴重な体験となるでしょう。

4-4茶道という伝統文化をたくさんの人に伝えたいとお考えの人

日本の伝統文化に茶道は欠かせないものです。

独自の美しい文化を発展させてきた日本の文化に興味を持つ海外の人も多くいます。

国際交流が特別なことでなくなった昨今、自分が生まれ育った日本のすばらしいところをスッと答えらる国際美人を目指したいものです。

また、茶道というと日本人であってもちょっと敷居が高いと捉えがちです。

そのような人にどんどん気軽に茶道を楽しんでほしいとお考えの人には茶道インストラクターがうってつけです。

茶道資格のお点前インストラクター資格はこちら
https://www.jpinstructor.org/shikaku/otemae/

茶道インストラクターの代表的な資格を5つ紹介

茶道インストラクターの代表的な資格を5つ紹介

茶道インストラクターとして活動するために、必ず資格が必要というわけでありません。

しかし、インストラクターとして活動するのであれば、資格があった方がいいでしょう。

なぜなら、資格を得ていることで信頼性と信憑性が増すためです。

資格を保有しているということは、基本的な知識と専門的な知識と技術を認められているという証明になります。

茶道インストラクターの代表的な資格は以下の5つです。

それぞれ、解説していきます。

5-1茶道アドバイザー

茶道アドバイザーは、日本生活環境支援協会(JLESE)が主催している資格です。

茶道の基本的な知識を得ていると認定されます。

受験料は、消費税込みで10,000円です。

5-2日本茶道初級師範

日本茶道塾が主催している通信講座です。

通信講座が修了すると修了書が発行され、日本茶道初級師範免許の受験資格が得られます。

または、実技教習を最短6回で日本茶道初級師範免許の受験資格が得られます。

受講料は、45,000円です。

5-3抹茶おもてなしマスター

一般社団法人 日本テーブル茶道協会が主催する資格です。

抹茶ナビゲート講座、抹茶コンシェルジュ養成講座を修了すると、抹茶おもてなしアドバイザー養成講座を受講できます。

修了後に日本抹茶おもてなしマスター認定書が授与されます。

受講料は、消費税込み30,000円です。抹茶ナビゲート、抹茶コンシェルジュは別途受講料が必要です。

5-4お点前インストラクター

お点前インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する資格です。

茶道に関する基本的な知識を有し、また基礎だけでなく茶道に関して幅広い知識を得ている証明になります。

受験料は、消費税込みで10,000円です。

5-5和ごころアドバイザー

株式会社ボヌールコンサルティングが主催する通信講座カレッジ、さちカレの和のたしなみ講座を修了すると、一般社団法人 日本人財開発協会の認定試験である和ごころアドバイザーの受験資格を得られます。和ごころアドバイザーの試験料は、4,000円です。

和のたしなみ講座では、お茶会のマナーを知り、和のマナーについても学びます。

和のたしなみ講座の受講料は、消費税込み28,140円です。

おすすめの資格はお点前インストラクター

おすすめの資格はお点前インストラクター

茶道インストラクターの仕事内容や適正、代表的な資格をご紹介していきました。

茶道インストラクターに関する資格はそれぞれ特徴があり、料金も様々です。

資格の中には、入門編から受講、受験し資格取得まで時間がかかったり、価格も40.000円以上するものもあります。

短期間で集中して格安に収納の資格を得るには、お点前インストラクターが適しています。

申し込みから受験まで、すべて在宅で完結します。

受験料は、消費税込みで10,000円です。試験は年に6回あります。2か月に1度のペースで試験があるので、自分のペースにあった受験日程を選べます。

試験日程 試験期間 受験申込期間
2020年12月実施(終了) 2020年12月20日~25日 2020年11月1日〜30日
2021年2月実施(終了) 2021年2月20日〜25日 2021年1月1日〜31日
2021年4月実施(終了) 2021年4月20日〜25日 2021年3月1日〜30日
2021年6月実施(終了) 2021年6月20日〜25日 2021年5月1日〜30日
2021年8月実施(終了) 2021年8月20日〜25日 2021年7月1日〜31日
2021年10月実施(終了) 2021年10月20日〜25日 2021年9月1日〜30日
2021年12月実施 2021年12月20日〜25日 2021年11月1日〜30日

受験資格は特になく、試験の合格基準は70%以上となっています。

茶道資格のお点前インストラクター資格はこちら
https://www.jpinstructor.org/shikaku/otemae/

おすすめ資格講座はこちらの2講座

下記の二つの講座を受講すると、お点前インストラクターと茶道アドバイザーの両方の効率的な学習が実現し、さらに資格を同時に取得できます。

次に、それぞれの講座について詳しく解説していきます。

7-1茶道アドバイザーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

茶道アドバイザーW資格取得講座の選べる2コース

基本講座 スペシャル講座
添削5回 添削5回
(卒業課題1回)
試験免除で資格取得
受講料:59,800円(税込) 受講料:79,800円(税込)
受講期間6か月
(最短2か月)
受講期間6か月
(最短2か月)

諒設計アーキテクトラーニングは、自己のスキルアップから仕事に活かすためのキャリアップまで、在宅での資格取得を目指す全ての人が満足できる学習支援を目指しています。

茶道アドバイザーのW資格取得には、基本講座とスペシャル講座の2コースが設定されています。

茶道アドバイザーと、お点前インストラクターの資格取得を目指します。

その中での特におすすめのコースがスペシャル講座です。

なぜなら、添削5回と卒業課題1回を提出すると、茶道アドバイザーとお点前インストラクターの試験を免除され、資格を取得できるのです。

基本講座の場合、添削5回を受けた後に自分で茶道アドバイザーと、お点前インストラクターの受験の申し込みをして受験します。 

茶道アドバイザーと、お点前インストラクターの受験料はそれぞれ税込みで10,000円必要で、受験には合計20,000円必要ということになります。

スペシャル講座は基本講座より20,000円高く設定されています。

しかし、茶道アドバイザーと、お点前インストラクターの受験料込みと考えたら、基本コースを受講の後にそれぞれ受験する価格と総合的に変わりませんね。

しかも、卒業課題を提出すれば茶道アドバイザーと、お点前インストラクターの試験が免除されるのですから、スペシャル講座の方が断然お得です。

茶道アドバイザー資格取得講座
諒設計アーキテクトラーニング
茶道アドバイザーW資格取得講座

7-1茶道資格取得講座 | SARAスクールジャパン

茶道資格取得講座の選べる2コース

基本コース プラチナコース
添削5回 添削5回
(卒業課題1回)
試験免除で資格取得
受講料:59,800円(税込) 受講料:79,800円(税込)
受講期間6か月
(最短2か月)
受講期間6か月
(最短2か月)

SARAスクールジャパンは、資格美人を目指す人を応援する通信講座です。

女性の自分を変えたい、キャリアップしたい、自立して充実した生活を送りたいという気持ちに応える140講座以上の人気講座があります。

茶道資格取得講座は茶道アドバイザーと、お点前インストラクターのW資格の取得を目指します。

コースは2つあり、基本コースとプラチナコースです。

基本コースは、添削5回を受けた後に自分での受験の申し込みをして受験します。 

茶道アドバイザーとお点前インストラクターの受験料はそれぞれ税込みで10,000円必要ですので、受験には合計20,000円必要です。

プラチナコースの場合、添削5回と卒業課題1回を提出するだけで試験免除となり、資格が認定されます。

プラチナコースは基本コースより20,000円かかりますが、その金額は、2試験を受験したときにかかる費用と同じです。

総合的にかかる費用は同じで、しかも試験が免除されるので、確実に資格を得たいならプラチナコース一択ですね。

茶道資格取得講座
SARAスクールジャパン
茶道資格取得講座

茶道インストラクターになって、より充実した豊かな生活を送りたいですね。 自分に合ったコースを選択して、自分磨きとキャリアップを目指しましょう。