日本インストラクター技術協会

漬け料理アドバイザー

漬物の漬け方・絶品漬物レシピが学べる漬け料理資格5選

野菜やきのこ、海藻などをさまざまな調味料と一緒に漬け込んで食べる「漬物」。
お酒のつまみやちょっとした添え物などに、漬物は欠かせません。

漬物が好きなら、ぜひこだわりの野菜を選んで自宅で漬けてみませんか?
独学もよいですが「漬け料理資格」の取得を目指すことで、自宅での上手な漬物の漬け方や、漬物を使った本格レシピが学べます。
初めての方でも簡単に漬け料理がマスターできる、漬け料理資格を5種類ご紹介します。
漬物の漬け方・絶品漬物レシピが学べる漬け料理資格5選

目次

漬け料理資格で学べること

漬け料理資格では、学んだことが自宅で即実践できる漬物に関する知識が学べます。
野菜や調味料を上手に選び、漬け物を作ったりちょっとした料理が作れたりします。
漬物はお酒にあうため、お酒好きの方に振る舞えば喜んでくれるでしょう。

漬けもの料理資格の取得を目指すことで、具体的には以下のようなことを学べます。

・漬物の歴史
・漬け料理のレシピ
・常備すると便利な漬物
・漬物の漬け方(らっきょう、味噌漬け)

漬け料理資格のほとんどは通信講座で学べます。
空いている時間に少しずつ取り組み、毎日できることを増やしていきましょう。

自宅で極められる漬け料理資格5選

初めて漬物作りに取り組む方へおすすめしたい漬け料理資格をご紹介します。
受講資格を問わないものばかりであるため、興味のある資格から挑戦してみましょう。

2-1漬け料理アドバイザー

「漬け料理アドバイザー」は、オイル漬けやヨーグルト漬けなど、いろいろな種類の漬け料理レシピが学べる資格です。
作り置き料理や常備菜が作れるようになると、料理の負担の軽減になります。

資格取得後は、知識を活かしてカルチャースクールの講師として活躍できるでしょう。

「漬け料理アドバイザー」資格の概要
主催団体 日本インストラクター技術協会(JIA)
受験資格 特になし
受験会場 在宅受験
合格基準 正解が70%以上であること
受験料(税込) 1万円
難易度 ★☆☆
「漬け料理アドバイザー」資格取得講座の概要
主催団体 SARAスクールジャパン 諒設計アーキテクトラーニング
講座名 漬け料理
(基本コース)
(プラチナコース)
漬け料理ソムリエW資格取得講座
(基本講座)
(スペシャル講座)
受講資格 特になし 特になし
受講スタイル 通信講座 通信講座
受講料(税込) 基本コース・基本講座:5万9,800円 ※別途受験料
プラチナコース・スペシャル講座:7万9,800円
コースの内容 【基本コース・基本講座】
講座受講と試験合格で、「漬け料理アドバイザー」と「漬け料理ソムリエ」2つの資格を取得できる

【プラチナコース・スペシャル講座】
講座受講と卒業課題のみで、「漬け料理アドバイザー」と「漬け料理ソムリエ」2つの資格を取得できる ※試験免除
資格取得までにかかる最短日数 約2か月 約2か月
学習内容 ・漬物の歴史・漬物のメリットやコツ・常備したい漬物レシピ
・漬物アレンジレシピ・保存食〜らっきょう漬け〜・らっきょうの選び方
・らっきょう漬けのレシピ・下ごしらえ方法・梅の塩漬け・梅の土用干し
・レモンシロップ等・野菜の漬け込み料理・レンジで作る野菜漬け
・ぬか漬けに合う野菜「にんじん」・鶏もも肉の漬け照り焼き
・豚バラ肉の味噌漬け・魚の漬け込み料理

2-2漬け料理ソムリエ

「漬け料理ソムリエ」は、味噌漬けや醤油漬けなど定番の漬け料理から、ワイン漬けやヨーグルト漬けなどの本格的な漬け料理を楽しめるようになる資格です。

漬け料理は並べるだけで食卓を華やかにしてくれるため、家族のための食事にバリエーションを加えたい方におすすめです。

「漬け料理ソムリエ」資格の概要
主催団体 日本安全食料料理協会(JSFCA)
受験資格 特になし
受験会場 在宅受験
合格基準 正解が70%以上であること
受験料(税込) 1万円
難易度 ★☆☆
「漬け料理ソムリエ」資格取得講座の概要
主催団体 SARAスクールジャパン 諒設計アーキテクトラーニング
講座名 漬け料理
(基本コース)
(プラチナコース)
漬け料理ソムリエW資格取得講座
(基本講座)
(スペシャル講座)
受講資格 特になし 特になし
受講スタイル 通信講座 通信講座
受講料(税込) 基本コース・基本講座:5万9,800円 ※別途受験料
プラチナコース・スペシャル講座:7万9,800円
コースの内容 【基本コース・基本講座】
講座受講と試験合格で、「漬け料理ソムリエ」と「漬け料理アドバイザー」2つの資格を取得できる

【プラチナコース・スペシャル講座】
講座受講と卒業課題のみで、「漬け料理ソムリエ」と「漬け料理アドバイザー」2つの資格を取得できる ※試験免除
資格取得までにかかる最短日数 約2か月 約2か月
学習内容 ・漬物の歴史・漬物のメリットやコツ・常備したい漬物レシピ
・漬物アレンジレシピ・保存食〜らっきょう漬け〜・らっきょうの選び方
・らっきょう漬けのレシピ・下ごしらえ方法・梅の塩漬け・梅の土用干し
・レモンシロップ等・野菜の漬け込み料理・レンジで作る野菜漬け
・ぬか漬けに合う野菜「にんじん」・鶏もも肉の漬け照り焼き
・豚バラ肉の味噌漬け・魚の漬け込み料理

2-3ぬか床ソムリエ

「ぬか床ソムリエ」は、ぬか漬けのダイエット効果や美容効果について学べる資格です。
また、ぬか漬けにあう野菜やフルーツの選び方、レシピについても学べます。

漬けすぎたぬか漬けのリメイクレシピに、野菜のいらない部分を使ったアレンジレシピなど、理解が深まれば深まるほどぬか漬けの知識の活かし方が広がります。
資格取得後は、美容やダイエット効果がある食材として、ぬか漬けの素晴らしさや魅力を広めたくなるでしょう。

「ぬか床ソムリエ」資格の概要
主催団体 日本インストラクター技術協会(JIA)
受験資格 特になし
受験会場 在宅受験
合格基準 正解が70%以上であること
受験料(税込) 1万円
難易度 ★☆☆
「ぬか床ソムリエ」資格取得講座の概要
主催団体 SARAスクールジャパン 諒設計アーキテクトラーニング
講座名 ぬか漬け
(基本コース)
(プラチナコース)
ぬか漬けソムリエW資格取得講座
(基本講座)
(スペシャル講座)
受講資格 特になし 特になし
受講スタイル 通信講座 通信講座
受講料(税込) 基本コース・基本講座:5万9,800円 ※別途受験料
プラチナコース・スペシャル講座:7万9,800円
コースの内容 【基本コース・基本講座】
講座受講と試験合格で、「ぬか床ソムリエ」と「ぬか漬けソムリエ」2つの資格を取得できる

【プラチナコース・スペシャル講座】
講座受講と卒業課題のみで、「ぬか床ソムリエ」と「ぬか漬けソムリエ」2つの資格を取得できる ※試験免除
資格取得までにかかる最短日数 約2か月 約2か月
学習内容 ・ぬか漬けの歴史・ぬか漬けに適した容器・ぬか漬けの塩分量
・ぬか床のにおいの原因と対処法・ぬか床の水分が多い時の対処法
・ぬかの栄養効果とは・ぬか漬けの栄養価と効果・ぬか漬けの美容効果
・発酵食品としてのぬか漬け・ぬか漬けに含まれる乳酸菌の種類
・ぬか漬けの植物性乳酸菌の効果・ぬか漬けに合う野菜「きゅうり」
・ぬか漬けに合う野菜「大根」・ぬか漬けに合う野菜「にんじん」
・食材の捨てる部分を活用してぬか漬けを作る
・漬けすぎた古漬けのリメイクレシピ・ぬか漬け以外の糠の活用方法

2-4ぬか漬けソムリエ

「ぬか漬けソムリエ」は、ぬか漬けの歴史から始まり、ぬか漬けに適した容器や野菜、おいしいぬか漬けの作り方を本格的に学べる資格です。

ぬか漬けに含まれている植物性乳酸菌の働きなど、細かい部分まで理解でき、ぬか漬け作りを極めたい方におすすめです。

「ぬか漬けソムリエ」資格の概要
主催団体 日本安全食料料理協会(JSFCA)
受験資格 特になし
受験会場 在宅受験
合格基準 正解が70%以上であること
受験料(税込) 1万円
難易度 ★☆☆
「ぬか漬けソムリエ」資格取得講座の概要
主催団体 SARAスクールジャパン 諒設計アーキテクトラーニング
講座名 ぬか漬け
(基本コース)
(プラチナコース)
ぬか漬けソムリエW資格取得講座
(基本講座)
(スペシャル講座)
受講資格 特になし 特になし
受講スタイル 通信講座 通信講座
受講料(税込) 基本コース・基本講座:5万9,800円 ※別途受験料
プラチナコース・スペシャル講座:7万9,800円
コースの内容 【基本コース・基本講座】
講座受講と試験合格で、「ぬか漬けソムリエ」と「ぬか床ソムリエ」2つの資格を取得できる

【プラチナコース・スペシャル講座】
講座受講と卒業課題のみで、「ぬか漬けソムリエ」と「ぬか床ソムリエ」2つの資格を取得できる ※試験免除
資格取得までにかかる最短日数 約2か月 約2か月
学習内容 ・ぬか漬けの歴史・ぬか漬けに適した容器・ぬか漬けの塩分量
・ぬか床のにおいの原因と対処法・ぬか床の水分が多い時の対処法
・ぬかの栄養効果とは・ぬか漬けの栄養価と効果・ぬか漬けの美容効果
・発酵食品としてのぬか漬け・ぬか漬けに含まれる乳酸菌の種類
・ぬか漬けの植物性乳酸菌の効果・ぬか漬けに合う野菜「きゅうり」
・ぬか漬けに合う野菜「大根」・ぬか漬けに合う野菜「にんじん」
・食材の捨てる部分を活用してぬか漬けを作る
・漬けすぎた古漬けのリメイクレシピ・ぬか漬け以外の糠の活用方法

2-5発酵食品マイスター

「発酵食品マイスター」は、発酵食品の作り方や含まれる栄養素、体に与える影響について学べる資格です。
例えばチーズやヨーグルト、ぬか漬けなどの発酵食品に関する知識を身につけられます。

多くの発酵食品は漬物とよくあうため、家族のための献立づくりがはかどるでしょう。

「発酵食品マイスター」資格の概要
主催団体 日本安全食料料理協会(JSFCA)
受験資格 特になし
受験会場 在宅受験
合格基準 正解が70%以上であること
受験料(税込) 1万円
難易度 ★☆☆
「発酵食品マイスター」資格取得講座の概要
主催団体 SARAスクールジャパン 諒設計アーキテクトラーニング
講座名 発酵食品
(基本コース)
(プラチナコース)
発酵食品マイスターW資格取得講座
(基本講座)
(スペシャル講座)
受講資格 特になし 特になし
受講スタイル 通信講座 通信講座
受講料(税込) 基本コース・基本講座:5万9,800円 ※別途受験料
プラチナコース・スペシャル講座:7万9,800円
コースの内容 【基本コース・基本講座】
講座受講と試験合格で、「発酵食品マイスター」と「発酵食健康アドバイザー」2つの資格を取得できる

【プラチナコース・スペシャル講座】
講座受講と卒業課題のみで、「発酵食品マイスター」と「発酵食健康アドバイザー」2つの資格を取得できる ※試験免除
資格取得までにかかる最短日数 約2か月 約2か月
学習内容 ・発酵とは・発酵と腐敗・主な発酵の種類・主な発酵食品・発酵食品の魅力
・発酵食品と歴史・発酵に関わる微生物・乳酸菌・酢酸菌・納豆菌・酪酸菌
・酵母菌・醤油・味噌・納豆・甘酒・塩麹と醤油麹・ぬか漬け

漬け料理を極めるために学んだ方がいい知識

漬け料理を極めるために学んだ方がいい知識

漬け料理資格で漬物および漬け料理の知識を学んだあとは、技術をより極めるため他の資格も考えることをおすすめします。

おすすめの知識、また資格についてご紹介します。

3-1和食について

漬物といえば和食です。
漬物は和食を華やかに彩り、ちょっとした添え物にもちょうどよい一品となるでしょう。
受講資格を問わず、かつ料理初心者の方にもおすすめな資格は以下の通りです。

・日本料理ソムリエ
・和食ソムリエ
・出汁マイスター
・健康出汁アドバイザー

これらの資格は、資格講座を数多く提供している「SARAスクールジャパン」または「諒設計アーキテクトラーニング」で受講できます。

3-2野菜について

おいしい漬物を作りたいなら、野菜についても理解を深めておくべきでしょう。
野菜に含まれる栄養素や旬の野菜などを簡単に学べる資格があります。
受講資格を問わない野菜の資格には、以下のようなものがあります。

・オーガニック野菜アドバイザー
・野菜栽培士
・野菜パティシエ
・ベジスイーツソムリエ

ご紹介した資格は、和食と同じく「SARAスクールジャパン」または「諒設計アーキテクトラーニング」で受講できますので、興味のある方は資料請求してみてはいかがでしょうか?

漬け料理資格が活かせるお仕事・活躍の場

漬け料理資格は、日常生活におけるさまざまな場面や仕事においてとても役に立ちます。
これからご紹介する情報を参考に、自分なりの漬け料理資格の活かし方を見つけましょう。

4-1飲食店

漬物を提供する飲食店はたくさんあります。
定食のおかずの一品や、前菜またはお通しとして漬物がよく使われます。

飲食店を経営されている方は、漬け料理資格で得た知識を、漬物を使った新しいレシピやメニューを考えたり提供したりするのに使えるでしょう。
経営者でなくても、店のメニューを考えている人に新しい漬物メニューを提案してはいかがでしょうか?
含まれている栄養素や旬の野菜に関する知識を同時に提供すれば、より説得力が増します。

4-2漬物工場

漬物工場で働くのに必須の資格はありませんが、漬け料理資格であらかじめ基礎知識を得ていれば、仕事がスムーズに覚えられます。

というのも漬物工場での主な仕事では、野菜の選定・カット・漬け込み・塩抜きなど、食材に直接触れたり作る工程に携わったりする機会があります。
これらの工程は漬け料理資格でも学ぶため、漬物の基礎知識を持っている方は重宝されるでしょう。

4-3食品加工業

食品加工業は、農家と提携して食材の仕入れから製造・パッケージ化まで行います。
また海外から食材を輸入する場合は、大量に仕入れた食材を加工してパッケージ化しなければなりません。

食品加工業には多くの人手が必要で、製品の需要が高いにも関わらず常時人材不足に悩まされています。
漬け料理資格で食品加工の基礎知識を身につけた人材は特に、食品加工業にとってありがたい存在です。

4-4家庭料理

栄養満点でさっぱりした味わいの漬物は、家庭でも大活躍です。
漬け料理はお酒との相性がよく、お酒好きな方がいらっしゃる場合はぜひ振る舞ってあげましょう。
また味噌漬けや酒漬け、オイル漬けなどの漬け料理は、料理の幅を広げてくれます。

漬け料理は作り置きできるため、いろいろな種類の漬け料理を作りオシャレなタッパーに入れると、棚や冷蔵庫の中が華やかになります。

まとめ

漬物の漬け方、本格漬け料理レシピが学べる資格をご紹介しました。

漬け物は野菜を調味料に漬けるだけでできるお手軽料理です。
漬物の基礎知識を身につければ、色々な漬物を試したくなるでしょう。

また漬物を極めるなら、あわせて和食と野菜に関する知識を身につけることもおすすめします。

あらゆる知識を得て、漬け料理を極めましょう。